バックパックキャンプでもしたいな~
なんて、道具の軽量化に着々と準備を進めていたところ
キャンプ仲間のきむさんから格安で譲ってもらったアライのテント。
 
こりゃ今シーズンに行くっきゃないでしょ!
ってことで
9月12~14日で、念願の上高地・小梨平に行きました。
 
バックパックで一人で行くなら車より安上がりで
楽ちんな高速バスが便利と判断。
何より今までのオートキャンプとの違いをより実感するためにあえてバス移動を選択。
 
木曜の深夜
新宿駅西口のバスターミナルからスタート!
 
イメージ 1
ほぼ全員登山者の中
一人缶ビール片手に旅行気分!(爆)
 
途中、談合坂SA、諏訪湖SAで休憩があったけど
談合坂からの記憶はなく、狭い車内で車中泊・・・・
 
バスのシフトダウンのエンジン音で目が覚めたのは朝の4時半頃
外はまだ真っ暗で何も見えないけど
曲がりくねった登りの山道で間もなく目的地に近いことがわかる。
 
予定到着時間までまだまだ、なんてうとうとしていたら
坂の途中でバスは停まり
”大正池に到着~”のアナウンス!?
 
ここで降りたのは私一人!!
皆さんはお山目指して終点バスターミナルまで行くみたい。
 
イメージ 2
予定より早く到着
なんか一人置いてかれた感でちと寂しかったけど・・・
 
まだ薄暗くてひんやりした空気
時刻は朝5時ちょうど
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 24
バス停の下はすぐ大正池
 
 
 
イメージ 21
新宿のネオン街から楽してタイムスリップしたみたいな不思議な感覚
やっぱりバスは楽でいいや~
そして
この景色を見てようやく上高地に来たんだ~と実感
 
 
 
イメージ 25
これ以上澄んだ水はみたことないってくらいきれいな池
 
 
 
 
イメージ 26
焼岳と大正池
 
 
 
イメージ 27
ここからは散策路で河童橋まで
 
果たして重いザックを背負ってどれくらい歩けるのか?
確かめるようにハイキング
 
 
イメージ 28
田代湿原はもう草紅葉
 
 
 
イメージ 29
梓川沿いの散策路
 
 
 
イメージ 3
マイナスイオンたっぷりの森の朝
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
歩き始めて30分ほどで田代橋
ここまでは重いザックも問題なく順調
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 10
歩き始めて約1時間
ようやく上高地バスターミナルに到着
バスならここまでわずか5分
 
でも今回はあえてザック背負っての試し歩き
気持ちのいい朝の散策路でした~
 
 
 
 
イメージ 11
ほどなくして見えてきた上高地のシンボル河童橋
 
 
 
イメージ 12
まだ早朝の為に人影もまばら
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
イメージ 15
二十数年ぶりに訪れた懐かしい景色
あのころはまだ若かった(笑)
自分は老いて、いろいろと変わったけど・・・
ここの自然の景色はほとんど変わらず
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
河童橋からすぐのところに小梨平キャンプ場
ここまで1時間以上重たいザックを背負ってきたけど
背負い心地のいいドイターのザックは何の問題もなく快適!
しかしこの先の設営場所は6km先の徳沢キャンプ場・・・
 
へたれの私は迷わず判断
今回の幕営地、小梨平に決定!(爆)
 
 
 
イメージ 19
ここでキャンプの受付
一人700円
 
 
イメージ 22
梓川沿いも平日だからテントもまばら
 
 
 
 
 
イメージ 23
梓川沿いのサイト前はこの絶景!
 
 
 
 
 
イメージ 20
そんな川沿いの見晴らしのいい林の中に設営完了!!
やっぱり最高!!
 
 
 
つづく・・・・