つづきから・・・
 
翌朝、残念ながら曇り空
きれいな日の出も期待してたけどちょっと残念
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 16
管理棟横に併設された炊事場
常にきれいでJAZZのBGM付き、ちょっとお洒落
 
基本水場とトイレはここの管理棟だけだけど
昨日はオーナーが我々のソロサイトの横までポリタンクの水を持ってきて設置してくれました
 
 
トイレも管理棟と同じ建物に併設
ウォシュレットこそついてなかったけどきれいなトイレ
 
 
 
 
イメージ 14
車の位置から約100歩登ってのサイト
移動のたびに、車から何かとってくるか、持ってくか?考えてしまうほど・・・
 
ちょっとおっくうだけど・・
 
 
 
 
イメージ 18
でもこの見晴らしは最高
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 15
初めは嫌々付き合ってくれた長男も久しぶりのキャンプとこの景色に満足気
 
それにしてもお前
 
でかくなったなー
 
 
 
 
 
イメージ 20
場内はくりの木がたくさん
 
 
 
 
 
 
ではここで少し場内案内
 
 
 
 
管理棟からサイトをみたところ
イメージ 12
青い丸スモールサイト
緑の丸は今回利用したサイト
(ちなみにスモールサイトの数字は私が勝手につけただけなのであしからず)
 
赤い丸がWサイト(west)
黄色がCサイト
 
→6ってとこに小さなソロサイトもあったけど
登るのチョー大変だった・・
 
 
 
イメージ 2
W-1
このWサイトはキャンプ場のH.Pで西の高台エリアとよばれているところ
 
Wサイトは車をサイトの横につけられますが
車とサイトは高低差があり
どのサイトも数段の階段を上る段差があります
サイトは砂利と草
サイズは小さめのファミリーテントに中くらいのタープでいっぱいかな~
 
 
 
イメージ 3
W-1
でもここだけ駐車スペース、炉の段、テントサイトの段と3段階になってるから
荷物を運ぶの大変だけど、焚火スペースは別にあるからちょっと広くつかえるかな
 
 
 
イメージ 4
W-2
他のWサイトも駐車スペースからサイトまでは階段あり
 
 
 
 
イメージ 5
W-3
W-2,3,4はどこも同じくらいの大きさのサイトと見晴らし
どこも同じ位置に炉があった
 
 
 
 
 
イメージ 6
こちらはスモールサイトの印のとこ
うちが利用したサイトとここだけ細長いから唯一タープが張れるかなー?
でもやっぱりサイトサイズは小さいからファミリーテントは厳しいデス
 
ソロテントなら張れて3つ?
 
 
 
イメージ 7
その1段上のまさにスモールサイト 前の画像印の
もほぼ同じサイズのサイト
ここはまさにソロテント専用サイト
おそらく前室付きのちょいデカめのオートキャンプソロテントじゃ無理かな?ってくらいのサイズ
シャンティでは無理っぽかった
 
でも一人で誰にも干渉されずに過ごすには最高のロケーションデスね
 
 
 
 
イメージ 8
下に降りてきてキャンプ場のちょうど谷間にあたるところにCサイト
ここはH.Pで中央エリアとよばれているところ
Cサイト1~6まで
ここはC-3
 
 
 
イメージ 9
C-4
Cサイトは他のサイトに比べて展望はイマイチだけど
車からテントサイトまでの段差は少な目で
なおかつサイトサイズは少し大きめ
それにお洒落な炉があってオーナーのセンスがうかがえるサイト
プライベート感を味わえるサイト作りでファミリーでもゆっくりできる
ある意味このキャンプ場のメインサイトのような感じ?
 
 
イメージ 10
そして前出のサイト画像には写ってないけど
キャンプ場のH.Pで東の高台エリアとよばれているところ
管理棟の上側にあるE-1サイト
ここも見晴らしがいいんだけど
テントの段と炉の段とサイトが2段になっていて
タープを別々に張るようなら使いやすいかも
 
管理棟と炊事場から高低差がなくて近いのが魅力
 
 
イメージ 11
そのさらに上のE-2
ここも2段に分かれてるけどあわせて10m×10mくらいありそうな広々サイト
周りの木々に囲まれて夏場でも唯一涼しく過ごせそうな場所
 
 
 
イメージ 13
そして管理棟前のKサイト
 
車が横付けできる野芝のサイト
残念ながら緩やかな傾斜があるけれど
炊事場、トイレが近いから小さい子供のいるファミリーならここは安心かな
混んだ時はどうなのかわからないけど
おそらく10m×10mくらい使えて3サイトくらいあったかな~?
 
 
イメージ 17
と勝手にサイト紹介しましたが
実際はオーナーがサイトの振り分けをしているので
予約の段階で人数とテントサイズを伝えれば快適なサイトを選んでくれるでしょう
 
まだオープンして1年ちょっと、場内もこれからまだまだ手を加えていくとのこと
おそらくまた来るころにはお洒落なサイトがもっと増えていることでしょう
 
今までのオートキャンプ場とはちょっと違う
 
ワイルドかつお洒落なキャンプ場でした