夏休み最後の週末
8月30、31日でキャンプ仲間、SAMさんの出版記念キャンプ
森の感謝祭に
千葉県は”聖なる森”ホウリーウッズ久留里キャンプ村に行きました。

イメージ 3

今回はキャンプに参加するというよりも、事前にスタッフの位置づけを命じられ!?
1か月前から色々と準備のお手伝いをさせていただきました。

感謝祭の告知からゲストの招待、協賛メーカー各社、ショップへの手配、仲間との打ち合わせ、綿密なスケジュールなどなど
ほとんど企業レベルのイベントごとを個人で企画、運営したSAMさん。
改めてすっごいバイタリティーのある人だと思った。

私はその一部をいつものキャンプ仲間
”ゆかいな仲間たち”と共に
ちょこっとお手伝いしただけデスが。

イメージ 1
というわけで金曜日の昼、食材の買い出しをしてから前のり参加
偶然にも市原SAで主催者発見!!

イメージ 2
ホウリーの管理棟
SAMさん一色!

イメージ 4
場内の百日紅(さるすべり)の花が満開
真夏の千葉でのキャンプなんて暑そうだなーと思っていたけど
秋の気配も感じられる過ごしやすい天気でした。

イメージ 10
相変わらずのネイチャーな森のサイト

この日は会場のセッティングと事前準備で
いろいろ動き回ってたからあんまり写真がないー

イメージ 5
キャンプ場のオーナーから提案された密かなブームの竹飯盒

イメージ 14
最終日に皆さんに振舞う前に試作

いろいろと条件やコツがあるけど
意外と簡単にできると思う
ファミリーでやると楽しいんじゃないかなー

ホウリーに行くなら事前予約時に問い合わせるとできるかも?

イメージ 24
管理棟前に作り方が張ってあったし


イメージ 11
日が暮れた後
東屋でオーナーを交えての前日のスタッフミーティング中・・・

突然キャンプ場からSAMさんへのサプライズ!


イメージ 6
私も少し頂いたけど、すっごく美味しいケーキだった
オーナーの粋な計らいに感謝と共に
改めてSAMさん出版おめでとう!

イメージ 7
それではと
ピルツカフェのえふまるさんが美味しいコーヒーを振舞ってくれた

こうなるともうミーティングから宴会へ!

イメージ 8
前泊組を交えての前夜祭

イメージ 9
ならばと
SAMさん自ら料理を振る舞い
サッと作っちゃう手際の良さはさすがデス

イメージ 12
簡単で美味しいチキンマッシュ(完成前)

イメージ 13
竹飯盒も美味しく炊けた
けど
はたしてこれを明後日、20本同時にできるかどうか?

イメージ 15
黒坂オートキャンプ場のマンキーさんからの差し入れも届き

この後、仕事上がりのきむさん。こいっち、ガルヴィ隊も到着。
楽しい前夜祭は明け方まで続いたとか??



イメージ 17
翌朝
明け方降り続いた雨はなんとかあがった

イメージ 16
今回は設営も簡単でシンプルなフレッサ


イメージ 18
待ちきれずに続々と集結する”ゆかいな仲間たち”
待ちきれずに、駆けつけ3本のヒロシさん!


イメージ 19
ちゅうさん提供の”滝汗Tシャツ"パート2
今回はバーガンディカラー

イメージ 20
今日の予約は70組およそ200名!

イメージ 23
福島チームも到着
コーイチ君のTシャツはいつも面白いねー
(当人も面白いけど!(笑))

イメージ 21
ミジンコタープを張ってこいっちのワークショップも準備完了

イメージ 22
ゆかいな仲間達のダッチオーブン料理の準備もOK!

イメージ 28
ピルツカフェも準備OK!

イメージ 25
丹下だんぺい?

イメージ 26
ソーマ師匠の森の写真館の準備も完了
試し撮りで盛り上がるモデル・・・(笑)

イメージ 27
巴川オートキャンプ場のオーナーから蝦夷鹿肉12kgの差し入れ!
バンカーさん大喜び!(爆)!


みんな笑顔があふれる楽しいキャンプ!

それではそろそろ開会式



つづく・・・