9月30日~10月2日で山では日本一の紅葉と称される涸沢の紅葉を見に行きました。

イメージ 26
今回も新宿深夜発のさわやか信州号で
ネオン街の新宿から楽して早朝の上高地バスターミナルに着いたのはまだ薄暗い午前5時半

イメージ 27
穂高連峰も雲一つない快晴に気分も高揚!

イメージ 28
肌寒い気温の河童橋から朝陽に染まる穂高連峰
はやる気持ちをおさえつつ

イメージ 29
小梨平を通過
でも今回の目標はずっと先

イメージ 30
まずは明神そして徳沢まで

イメージ 31
今年も出会えた野猿の群れ

イメージ 32
バスターミナルから40分ほどで明神館

イメージ 33
きれいな梓川と朝陽に染まる明神岳と前穂を横目に

イメージ 34
徳沢キャンプ場
この先は未知の道
針葉樹の樹林帯の中、ほぼフラットな道

イメージ 35
横尾に到着したのは8時半

イメージ 36
ちょっと一休み
槍ケ岳11km??
ムリムリ!!(笑)

イメージ 38
でも工事用の車両が!?
横尾まで上高地バスターミナルからおよそ10km
ほぼ平坦の道のりだったけど工事用の車があるとテンション下がる・・・

イメージ 37
やっぱりお山価格・・・
でも車で運べるなら通常価格でよくない?(笑)

気を取り直して出発

イメージ 39
屏風岩を横目に

イメージ 40
渓谷沿いを歩くと見えてきたのは北穂?

イメージ 41
横尾から涸沢までのちょうど中間点に本谷橋

イメージ 42
河原でしばし休憩
ソフトシェルを脱ぎ汗を拭いてこの先の登りに備える

イメージ 1
では再出発

イメージ 2
重たいザックでのきつい登り途中で見えてきた前穂
でもまだまだ先は長い

イメージ 3
でも紅葉は最盛期!

イメージ 4
言葉にならないくらいのコントラスト

イメージ 5
紅葉の中を登る

イメージ 6

イメージ 7
ようやく小屋の下

イメージ 8
振りかえると奥には常念岳

イメージ 9
まもなく右手に涸沢ヒュッテ

12時ちょうど
上高地から約6時間、予定通りのコースタイムで到着
この距離が長いと思っていたけど意外とすんなりこれた感じ
イメージ 10
ヒュッテのテラスには大勢の人

イメージ 12
まさに天空のお座敷!

イメージ 11
見上げれば紅葉真っ盛りの涸沢と奥穂高岳

イメージ 13
テン場を見下ろせば意外と少ないテントの数
例年この時期ならば千張り?とのうわさもあったけど
さすがの平日、100張り以下か?

イメージ 14
こちらの小屋でテント泊の受付をして(一人¥1000)

イメージ 16
ここに決めた!

思ってたよりもフラットな場所が多いけど
所々石が出てるところもあるサイト
一枚¥500でコンパネの貸し出しもあるから寝心地重視ならレンタルしてもいいかな

でもほとんどソロテントサイズの大きさしかないサイトだから
二人用サイズのテントだと設営場所が限られるかも?

イメージ 17
設営完了

イメージ 15

イメージ 22
とりあえず作年登った前穂に乾杯!
今日のビールは美味い!

イメージ 18
万年雪の雪渓も残る、最高のロケーション

イメージ 19
紅葉も最盛期
天気もいいしいい感じ~!

イメージ 20
美しいとしか言いようがない絶景!

イメージ 21
腹ごしらえのインスタント麺

イメージ 23
15時半過ぎ
山の谷間だから陽が影るのも早い

イメージ 24
17時を過ぎると暗くなり

イメージ 25
18時過ぎにはきれいなテントの花

イメージ 43
19時過ぎにはきれいな星空
この日は風もなくおだやかな標高2300mのテント場
少し肌寒いが想定内の7℃前後
前夜の車中泊の寝不足のせいもあり20時過ぎに就寝



イメージ 44
翌朝5時、奥穂の上にはまだ明るい月
気温は6℃くらい
思ったよりも冷え込まなかった

イメージ 45
しばらくすると屏風の頭方面がきれいな朝焼け

そして・・・
イメージ 47
6時前にはきれいなモルゲンロート

イメージ 50


イメージ 46
これが見たかったんだよね

イメージ 49
手前のmarmotの大型テント
10㎏以上あるのによくここまで担いだなー

イメージ 48
朝食をとった後、ヒュッテにて今日の天気の情報収集
やっぱり昼過ぎから雨予報



つづく・・・