6月22日
下仁田町のほたる山公園キャンプ場から車で約30分
妙義神社前の道の駅みょうぎに着いたのは午前8時

イメージ 16
予定ではここから白雲山の相馬岳に登る予定でいたけど
あいにくの天気で昼頃には雨予報なので予定を変更して
中之岳神社付近の石門めぐりコースでも楽しもうと場所を移動

イメージ 17
道の駅みょうぎから仲之岳神社までは7kmもあり
意外と時間がかかり登山準備ができたのは8時半過ぎ

イメージ 18
きた道を5分ほど折り返し歩くと石門群登山口
ここからまずは出発

イメージ 19
すぐに現れたのはカニのこてしらべ
なんてことない岩越え

イメージ 20
その先には第一石門
こいつをくぐり抜けて

イメージ 21
すぐにカニの横ばい
雨は降っていなかったけど岩肌が湿っていてちょっと心配?
でも足踏みがちゃんと切れていたので問題なさそう

イメージ 22
それでも滑ったら怪我する高さ
鎖を頼りにトラバース

イメージ 24
今度は第二石門に続くたてばり

イメージ 23
横を見るとなんとも不思議な奇石群

イメージ 25
それにしても”たてばり”って??(笑)

イメージ 26
その第二石門から下りる”つるべさがり”!?

イメージ 27
ここで先行していた年配女性の降下中のためにちょっと待機

イメージ 28
頭上を見上げると不思議な石門の壁

イメージ 29
先行者から先を譲っていただき次の関門は片手下がり

なぜここが片手下がり??
その意味が知りたい(笑)

まだ登山口から15分ほどでいくつものポイントを通過
まるで天然のアスレチック!
天気はいまいちだけどすっごく楽しい!!

イメージ 30
大砲岩に向かう手前には広い休憩広場とその先に第四石門

イメージ 31
石門の向こうに見えるのが大砲岩

イメージ 32
そこまでのアプローチも足場があるので問題なく

イメージ 33
しかし大砲岩直下のこの鎖場はちょっと手ごわいか?

イメージ 34
でもわずか10mくらい
所々足場があるから腕力で鎖をつたって登れば意外と簡単

イメージ 35
そこを登りきったところが大砲岩

イメージ 36
その奥には天狗のひょうてい

イメージ 37
その天狗のひょうていから見た大砲岩とゆるぎ岩

イメージ 38
その横には胎内くぐり?

イメージ 39
ちょっと面白そうなので絶壁の馬の背を渡って行ってみると

イメージ 40
横穴が空いてました
でもここをくぐったら真っ逆さまに落ちちゃうんですけど(笑)

イメージ 41
どこを見渡してもガスガスの雲の中
とりあえず岩山を楽しんだ

イメージ 42
第四石門に戻りそこから見た奇石群


今日は天気が下り坂なのでここで下山する予定だったけど
まだ雨は降ってこないし体力的にもちょっと物足りなかったので
行けるところまで行ってみようと

イメージ 50
この先の金洞山、中之岳まで急遽行ってみることに

イメージ 43
でも重ね重ねの注意勧告の看板
ちょっと不安になりながらも・・・

イメージ 44
こんな岩場を登り

イメージ 45
岩肌から滴り落ちる水滴をかわしながら
ルンゼ状の鎖場を登ると

イメージ 46
金洞山の標識

イメージ 47
その先の滑る岩をロープを頼りに登ると

イメージ 48
山頂直下に到着
これ登るの??

イメージ 1
左側から回り込むとほぼ垂直に垂れ下がる鎖
2段になっているので先が見えない!

それでも所々足場が切れているのでスタンスは取れそう
意を決して鎖頼りに登ってみる
後は足を滑らせないように注意しながら・・・
イメージ 3
途中の少し余裕のある足場にて

脚力よりも鎖をつたって登る腕力も必要なところ
ザイル(命綱)もないから落ちたらやばいな

イメージ 2
その上から下を撮ってみると・・・怖!!
ここはアスレチックの域を超えた領域
(でも写真撮る余裕はあったけど?(笑))
滑ったらアウト!

鎖は20mくらいあるだろうか?
そんな鎖を登り切ると
イメージ 4
小さな祠
ここが金洞山、中之岳山頂
狭い山頂ではガスガスの真っ白け!

おそらく晴れていれば素晴らしい展望が見えたはず
しかし今日は残念ながらまぶしいくらいの真っ白い雲の中

イメージ 5
しばらくすると後を登ってきた登山者

イメージ 49
その先は縦走路も確認できたけど
今回はしばし休憩した後ピストンで下山
今度いずれ挑戦してみたい

イメージ 6
下りのほうがこわいかも!?

イメージ 7
無事に鎖場通過

イメージ 8
その後は仲之岳神社方面へ

途中見晴台があったけど
イメージ 9
今日はなんにも見えません(笑)

イメージ 11
そこからは歩きやすい石畳の登山道

イメージ 10
途中にあった石積み

イメージ 12
そして轟岩を抱える仲之嶽神社に到着
この岩もすごいけど・・・

イメージ 13
この階段もすごい!!

イメージ 14
でもこの大黒様ももっとすごいね!
何でも日本一大きい大黒様だとか!?

イメージ 15
登山開始から約3時間で仲之嶽駐車場に無事帰還
(中腹以上はガスの中の妙義山)

当初は天候不順のために石門めぐりだけ楽しもうと思っていたけど
思いもよらず中之岳まで登頂できて楽しい山歩きとなりました

予想以上に楽しかった妙義山、金洞山(中之岳)
山頂直下の鎖場は両神山以上の迫力と危険度があったけど
私自身はとても楽しめた
翌日は足より腕の筋肉痛になったけど(笑)

しかし山頂からの展望が見えなかったから
次回は天気のいい日に相馬岳にチャレンジしてみよう!!