9月14.15日で北アルプスは蝶ヶ岳に行きました

ここ3年北アルプスの山登りに魅了されているが
いつか行きたいと思っていた北アルプスの展望台ともいわれる蝶ヶ岳

せっかくとれた平日の連休も
しばらく前から天気予報とにらめっこして
どの予報も雨マークだらけ
それが二日前には曇りの予報に変わり
ある予報では登山指数Aと!?

ならばイチかバチか
今年も新宿から高速バスで出発!
イメージ 1
久しぶりに来た新宿南口
立派なバスターミナルになったバスタ新宿
バスターミナルの略語かな?
でもイタリア語でバスタは”もういらない”って意味なんだけど・・・(笑)

イメージ 2
きれいな最新の受付

イメージ 3
今回もお世話になります
さわやか信州号

イメージ 4
平日ということもあるけど雨予報の為にキャンセルも多かったみたいで車内はガラガラ
おかげでゆっくりできた
数時間の仮眠の後
イメージ 5
予定よりも早く着いた朝5時過ぎの上高地
新しくできた上高地トンネルのおかげか?

イメージ 6
まだ日の出前
薄日が差しているがちょっとあやしい雲行き
とりあえず登山届を出して6時前に出発

イメージ 8
河童橋から見た岳沢は雲の中

イメージ 7

イメージ 9
小梨平キャンプ場をぬけ

イメージ 10
まず徳沢まで

イメージ 11
今年も出会ったお猿さん
急に走り出したから蝶ピンボケ。。。?

イメージ 12
6時半、明神館

イメージ 14
ここでソフトシェルを脱ぎ再出発

イメージ 13
もみじの紅葉も始まっている

イメージ 15
山はまさに秋の準備中

イメージ 16
7時25分、徳沢キャンプ場に到着

イメージ 17
晴れてきた
ん~~いつ来てもここでテント張りたいと思うけど
中々そのタイミングってないなー(笑)

イメージ 20
ベンチで一休みしているとザックに蝶が!
これから向かう蝶ヶ岳の案内人か??(笑)

イメージ 18
私以外の登山者はみんな横尾方面へ

イメージ 19
私一人蝶ヶ岳を目指し
長塀山、蝶ヶ岳方面の登山口へ

イメージ 21
いきなりの急登
木の根の張り出した登山道

イメージ 22
途中短いハシゴが何か所もある
道中は新規の踏み跡もなくときおりクモの糸も顔にかかるくらいで
明らかに今日はまだ誰も通っていない様子
周りは熊笹が茂りなんか熊の出てきそうなあやしい雰囲気だったので
独り言をしゃべりながら登る

イメージ 23

イメージ 24
結構な急坂を登り
徳沢から1時間ちょっとのところで平らな場所に到着
プロトレックの高度表示では1900mくらいだったけど
ここが2000mの平?

イメージ 25
しかしその後も永遠と続く見晴らしのない登り坂
実はこのころからちょっとバテてきた
しゃべりながら歩いていたせいかな
いつも歩きながらおしゃべりしているバンカーさんをちょっと感嘆した

イメージ 26
距離的にはまだ3分の1
それでもまだ長塀山にも着いていない

イメージ 27

イメージ 28
徳沢からわずか3kmを2時間半もかかったようやく中間地点
今日は思うように進まない
久しぶりの山歩きだからか?

イメージ 30


イメージ 29
道端にはたくさんのキノコ
あ~~きのこの山食べたいー

イメージ 31
ってことで休憩

イメージ 32
美味い!!
なんて幾度も休憩しながら

イメージ 33
ようやく見えてきた稜線
まもなく山頂か?

イメージ 34
と思いきや池・・・

イメージ 35
その先もまだまだ続くだらだらとした登り坂

イメージ 36
何度も立ち止まり休憩しながら11時48分
ようやく長塀山山頂に到着

イメージ 37
いや~ここまでがほんとーに長く感じた
徳沢から4.4km標高差にして約1000m
所要時間約4時間の登り
展望もないただの登りは今までで一番しんどく感じた

イメージ 38
そこからはせっかく登ったのにいったん下り

イメージ 39
右下にはきれいな池

イメージ 40
そこからまただらだらとアップダウンを繰り返し

イメージ 41
もう少し

イメージ 42
妖精の池に到着

イメージ 43
妖精の池はきれいに澄んでいて
たくさんのサンショウウオがいた

イメージ 44
妖精の池を過ぎるとようやく姿を現した槍、穂高連峰

イメージ 45
蝶ヶ岳も見えてくると
いよいよ・・・

イメージ 46
ついに槍穂高連峰!!
すっごい大迫力!!
まさに大パノラマ!!

イメージ 47
この景色が見たかったんだよねー
天気も良くて本当に最高の北アルプス展望台!!

イメージ 48
今日のゴール、蝶ヶ岳ヒュッテもすぐそこ

イメージ 49
そして徳沢から5時間半かかってようやく蝶ヶ岳に登頂
ほんとにしんどかったこの登り
計画段階からわかってはいたけど
実際登ってみると重たいザック背負っての約5時間の登りは
ホントにしんどかったー

でも晴れた山頂から見渡す北アルプスの展望は蝶最高のプレゼント!!