9月22日、23日でカゲちゃんと裏磐梯にカヌーキャンプに行きました

高速を降りてまず向かったのは
もう5年も前になる猪苗代でのキャンプの後に行った猪苗代駅前のかくだい食堂
しかしそこはもう閉店していて
入ったのはその隣の”あまの食堂”

イメージ 1
名物はとなりのソースかつ丼!?

イメージ 2
閉店した隣の店のレシピをもらって売るとは驚き
確かに前の店の味に近いけどボリュームはおさえてあるのかな?
すんなり食べれたけど
それでも普通盛りにしては多い量!
しっかりと腹ごしらえした後は裏磐梯へ


今回は以前にカゲちゃんが利用したことがありワイルドでいいところだと聞いていたので訪れた場所
でも現在キャンプ場は閉鎖中

しかし入口の看板の連絡先に電話すると
利用料金さえ払えば水も?トイレも?ないけど使用していいとのこと

イメージ 3
施設は壊れてサイトも荒れてる

イメージ 4
管理棟らしき建物もあるけどもちろん不在
トタン小屋の小さなトイレもあったけど
草に覆われていてとても利用できるレベルじゃない…

イメージ 5
でも湖畔に降りると素晴らしいロケーション
おそらくここは現在、釣り目的のボート出しでの利用か
カヌーなどの出艇に利用されているんだろう

イメージ 6
電話で確認すると料金は指定の場所まで支払いに行かなきゃならないけど
このロケーションなら最高だねってことで本日の幕営地決定!

イメージ 7
設営完了
でも今回はある意味野宿キャンプ!?
それもまた楽しそうだけど?


イメージ 8
とりあえず水と食料はあるので
カゲちゃんのサーカス720dxも設営して兼用リビングに

しかしこの湖畔沿いの誰もいないプライベート空間は最高!


一息ついた後、せっかくだから艇を出し湖面へ
イメージ 9
今回は自分がエンジン

イメージ 10
小さな島が点在する湖
ちょっとした浜で休憩
モノクロで撮ったわけじゃないけどきれいなシルエット

イメージ 11
この浜で夜の焚火用の流木をゲット

イメージ 13

イメージ 14
水面ギリギリにあった岩の上で艇から下りて
カゲちゃんに撮ってもらった写真
このまま置き去りにされたらどうしようかとちょっと怖くなった・・・(笑)


イメージ 15
風が出てきたので1時間ほどのクルーズでキャンプ場
いや野営地に帰還(笑)

イメージ 12
途中の浜で集めてきた流木、今日の焚火材

イメージ 16
とりあえずお疲れの杯

イメージ 20
流木でつくったランタンハンガー
やるなカゲちゃん

イメージ 17
そうしているときれいな夕焼け

イメージ 18

イメージ 19
時間を気にしないフリーな時間
毎日、時間に追われているから
こういう時間がとっても幸せ

イメージ 21
冷えてきたから焚火でも

イメージ 22
夜は男二人で飲んだくれ
周りには誰もいないからスマホで音楽流して開放的な夜

っていうか野生動物がちょっと怖くて音出してた(笑)

イメージ 23
見渡す限り街灯もない真っ暗闇
しかし残念ながら星空は見えないどんよりとした空


イメージ 24
あんまり静かなところだからちょっと熊が心配だったけど

とりあえず就寝



イメージ 25
翌朝
夜半に降った雨のせいで水位があがった湖
雲がじゃまして見えない磐梯山

イメージ 26
朝方、すぐ裏の森の中に野猿の群れ
何も被害はなかったけど近くに寄っても逃げる気配もない
彼らは彼らで普段通りなんだな…

イメージ 27
とりあえず目覚めのエスプレッソ

イメージ 28

イメージ 29
昨夜、呑みすぎてめんどくさくなって作らなかったアヒージョが朝食(笑)
でも試しにやった桃のアヒージョがいがいに旨くてびっくり!
熱が加わり甘みが増してまるでマンゴーみたいだった

イメージ 30
そしてのんびりと時間を気にしない時を満喫

イメージ 31
テンマクデザイン サーカス720DX
これいいね!
ツインピルツより少し大きいけど外フレームだから内側はポールがなく広々だし
たった6か所のペグダウンで自立する建てやすくて広々としたシェルター
売れている理由もわかるね


イメージ 35
張り出しなどのアレンジも多様

イメージ 32


イメージ 33
残念ながら終始雲隠れだった磐梯山

イメージ 34
でもせっかくだから艇を出して湖散策


イメージ 36
カヌーを楽しむ人よりもバス釣りの人が多かった


イメージ 37
湖面から見たサイト
1時間ほど楽しんで帰還

イメージ 38
予報では昼から晴れ予報だったけどどんよりとした天気
とりあえずテントは乾いてきたのでこれにて撤収

イメージ 40

イメージ 39
カゲちゃんありがとう

イメージ 41
撤収完了したら
晴れてきたし(笑)

今回はちょっとイレギュラーなキャンプだったけど
とてもいいロケーションで楽しめた
晴れていればもっとよかっただろうけど天気ばかりは仕方ない

ワイルドというよりまさに野営キャンプ

キャンプ地のロケーションと利便性は反比例なんだなとつくづく実感したキャンプだった



最後に・・・
今回訪れたここは現在キャンプ場ではありません
ただし管理者に確認して正規な手続きを踏めばキャンプも可能である
という場所です
当然ながらすべて自己責任ですし、水もトイレもないのであしからず