2013年09月

 
つづきから・・・
 
 
小梨平のキャンプ場に戻ってのんびり中
 
イメージ 16
サイトはすいてるし
風呂上がりのまだ明るいうちのビールはうまい!!
 
 
 
 
ちなみに徳沢園の自販機は・・・
イメージ 1
お山価格・・・(残念)
 
 
 
でも小梨平の売店は
イメージ 2
良心的!!
実はこれが決めてで、宿泊地はここ!! (爆)!!
 
 
でもほんとにうれしい上高地のバスターミナルより安い、通常価格!
 
さすが!日本アルプス観光!
 
 
 
イメージ 23
こんな景色を見ながらの風呂上がりのビール!
最高!!としか言いようないデスね!
 
 
 
 
イメージ 24
酔っぱらう前に夕食の準備
 
 
 
 
イメージ 25
っと言っても米焚いて、イナバのカレー温めるだけ(爆)!
 
 
 
 
イメージ 26
ちょっと冷えそうだったので薪を調達 1束¥500
 
 
 
 
イメージ 27
焚火をしたおかげであたたかい夕食
 
 
 
 
イメージ 3
夜でも自販機で買えるから安心!
 
久しぶりの一人焚火
 
最近あった色々なことを考えたり
ボーっとしたり・・・
 
 
 
 
イメージ 4
さすがに夜は冷えたけど15℃くらいだったかな
山の夜は早いデスね
っていうか昨日から寝不足で自分も
9時には就寝・・・・
 
 
 
イメージ 5
朝5時過ぎ起床
でもたっぷり、ぐっすり寝れた!
ひんやりした気持ちいい朝!
 
 
 
 
 
イメージ 13
サイト前で深呼吸!!
 
 
 
 
イメージ 6
6時頃には夜行バスが到着したのか
朝もやの中、キャンプ場脇を歩いてゆく登山者達
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 10
朝日に燃える焼岳
 
 
 
 
イメージ 12
#5でも全く問題なく、寒くなかった
 
 
 
 
イメージ 7
十分活躍してくれたNEWアイテムのTHERMARESTのマット
やっぱり厚さ38mmあると快適デス!
 
 
 
イメージ 14
朝はやっぱりちょっとひんやり
薄手のダウン着込みました
 
 
 
イメージ 8
朝食はドリップコーヒーと
昨日売店で買ったミルクパン!
これ美味かった!
 
 
 
 
イメージ 9
さて
それでは今回のメインイベント!
目の前の岳沢までトレッキングに出発!
 
 
 
イメージ 15
朝8時過ぎ
ようやく人が出てきた河童橋から
 
 
 
 
イメージ 17
遊歩道入口には
こんなのんきな風景
 
 
 
イメージ 18
至近距離!
カメラ構えてもまったく動じず・・・
 
 
 
 
イメージ 19
岳沢湿原
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
イメージ 21
ここまでは遊歩道
 
 
 
 
イメージ 22
さあ
ここから登山道!
テントは置いて軽装備で来たから大丈夫!!
 
 
 
 
またまたつづく・・・・
 
 
 

 
つづきから・・・ 
 
軽装で歩いてるから
とりあえずこの先の徳沢まで足を延ばすことに
 
明神橋あたりまでは観光客レベル(普通のヒールをはいた若い子や普段着の方など)
の方が多かったけど
ここから先はちょっとハイキング装備の人がほとんど
 
イメージ 1
いくつかのアップダウンはあったけどほぼフラットな遊歩道
 
 
 
イメージ 2
梓川と明神岳を横目に気持ちいいハイキングコース
 
 
 
 
 
イメージ 15
途中、沢をわたり
 
 
 
イメージ 17
視界が開けてくると
 
 
 
イメージ 18
ようやく山の裏側に来たって感じ
 
 
イメージ 19
明神からおよそ1時間で徳澤キャンプ場に到着
 
 
 
イメージ 20
元牧草地の野芝の気持ちいいサイト
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 3
ここは山をこよなく愛する作家・井上靖氏の名著「氷壁」に登場する山の宿。
 
 
 
イメージ 4
今は山をこよなく愛する登山客でいっぱい
ここではすでに涸沢や穂高連山から下山してきた登山者達が疲れを癒していました
 
ほんとはここまで重いザックを背負って来ようと思ってたけど
やっぱり無理だな!
軽装でここまで歩くのが精一杯!
 
ということでのんびりした後
来たルートをひき返し
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
あちこちに咲いていたトリカブト!?
 
 
 
イメージ 7
またまた出会った別の群れ
この子猿達が可愛かった~
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 大自然に癒されてキャンプ場に到着
 
こちらがキャンプの受付
 
 
 
イメージ 11
その向かいの小梨食堂と売店
 
 
 
 
イメージ 12
この売店が素晴らしい品ぞろえで
ワインもしかり
 
イメージ 13
インスタントラーメンやスナック菓子
 
イメージ 16
缶詰やレトルト食品も充実!
なんだ~重い思いしてもってこなくてもよかった・・・
 
この他にガス缶や軍手などちょっとしたキャンプ用品もあったので
忘れ物あっても安心デスねー
 
 
 
イメージ 14
それにパンにご飯に冷麦まで!
しかも嬉しいのはお米1合で\100とか
コーヒーパック1パックからの販売とか!
ばら売りでしかも都会と変わらない良心的な料金!!
さすが日本アルプス観光!
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
そして汗をかいた後は
受付隣のお風呂で(\500)極楽タイム
温泉ではないけどやっぱり気持ちいいお風呂!
 
小梨平最高!!(笑)
 
 
 
 
またまたつづく・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
つづきから・・・
 
 
まだ人気の少ない朝の7時過ぎに設営完了。
 
 
イメージ 1
川沿い林間のマイベストポジション!
 
 
 
イメージ 2
反対側から
キャンプ場通路の向こうは梓川
適度に川の音が聞こえて心地いい場所
 
 
 
イメージ 19
目の前は上高地の大自然!
 
 
 
 
イメージ 12
テント内からの眺め
 
 
 
イメージ 21
わずか1360gの山岳テント
おかげでここまで担いで来れました!!
きむさん、ありがとう!
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
イメージ 3
昨日の晩から何も食べてないので
とりあえずインスタントパスタ!(爆)!
 
 
 
イメージ 4
ちょうどいい感じの切り株をテーブルにブランチタイム
ヘリノックスもいい感じ!
 
 
 
イメージ 5
Penne ai Fungli porcini
 
 
 
イメージ 6
おなかが満たされたところで
本日のハイキング!
徳沢を目指して
とりあえず明神池まで!
 
 
 
イメージ 7
高低差のないほぼフラットな遊歩道
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 9
明神岳を横目に見ながら
今日もいい天気~
 
 
 
イメージ 10
おっとっ!!
そんな遊歩道に野猿の群れ!
何とも人を怖がりもせず上目づかいで素通り・・・
 
観光客より猿のほうが慣れてるって感じ!?
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 13
透き通った梓川沿いの遊歩道を1時間ほど歩くと・・・
 
 
 
イメージ 15
明神館に到着
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
イメージ 16
少し脇道に入ったところに梓川にかかる明神橋
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
イメージ 18
河童橋より立派なかんじでカッコイイんだけど・・
なんか山奥にたいそうな人工物って感じの橋。
 
ここの明神館の裏にも車が停まっていて
なんだ~車でこれるんだーって・・・
なんだかテンション下がる⤵
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
そして・・・
明神館で見つけた自動販売機
新千円使えますって・・・(笑)
もう9年前のこと?
そういえば野口英世ではなく夏目漱石だったっけ!?
 
ここだけ時間がゆっくりなのかなー
 
それとも僕らが急ぎすぎてるのかなー??
 
 
 
 
 
 
まだつづく・・・
 
 
 
 
 
 

 
バックパックキャンプでもしたいな~
なんて、道具の軽量化に着々と準備を進めていたところ
キャンプ仲間のきむさんから格安で譲ってもらったアライのテント。
 
こりゃ今シーズンに行くっきゃないでしょ!
ってことで
9月12~14日で、念願の上高地・小梨平に行きました。
 
バックパックで一人で行くなら車より安上がりで
楽ちんな高速バスが便利と判断。
何より今までのオートキャンプとの違いをより実感するためにあえてバス移動を選択。
 
木曜の深夜
新宿駅西口のバスターミナルからスタート!
 
イメージ 1
ほぼ全員登山者の中
一人缶ビール片手に旅行気分!(爆)
 
途中、談合坂SA、諏訪湖SAで休憩があったけど
談合坂からの記憶はなく、狭い車内で車中泊・・・・
 
バスのシフトダウンのエンジン音で目が覚めたのは朝の4時半頃
外はまだ真っ暗で何も見えないけど
曲がりくねった登りの山道で間もなく目的地に近いことがわかる。
 
予定到着時間までまだまだ、なんてうとうとしていたら
坂の途中でバスは停まり
”大正池に到着~”のアナウンス!?
 
ここで降りたのは私一人!!
皆さんはお山目指して終点バスターミナルまで行くみたい。
 
イメージ 2
予定より早く到着
なんか一人置いてかれた感でちと寂しかったけど・・・
 
まだ薄暗くてひんやりした空気
時刻は朝5時ちょうど
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 24
バス停の下はすぐ大正池
 
 
 
イメージ 21
新宿のネオン街から楽してタイムスリップしたみたいな不思議な感覚
やっぱりバスは楽でいいや~
そして
この景色を見てようやく上高地に来たんだ~と実感
 
 
 
イメージ 25
これ以上澄んだ水はみたことないってくらいきれいな池
 
 
 
 
イメージ 26
焼岳と大正池
 
 
 
イメージ 27
ここからは散策路で河童橋まで
 
果たして重いザックを背負ってどれくらい歩けるのか?
確かめるようにハイキング
 
 
イメージ 28
田代湿原はもう草紅葉
 
 
 
イメージ 29
梓川沿いの散策路
 
 
 
イメージ 3
マイナスイオンたっぷりの森の朝
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
歩き始めて30分ほどで田代橋
ここまでは重いザックも問題なく順調
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 10
歩き始めて約1時間
ようやく上高地バスターミナルに到着
バスならここまでわずか5分
 
でも今回はあえてザック背負っての試し歩き
気持ちのいい朝の散策路でした~
 
 
 
 
イメージ 11
ほどなくして見えてきた上高地のシンボル河童橋
 
 
 
イメージ 12
まだ早朝の為に人影もまばら
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
イメージ 15
二十数年ぶりに訪れた懐かしい景色
あのころはまだ若かった(笑)
自分は老いて、いろいろと変わったけど・・・
ここの自然の景色はほとんど変わらず
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
河童橋からすぐのところに小梨平キャンプ場
ここまで1時間以上重たいザックを背負ってきたけど
背負い心地のいいドイターのザックは何の問題もなく快適!
しかしこの先の設営場所は6km先の徳沢キャンプ場・・・
 
へたれの私は迷わず判断
今回の幕営地、小梨平に決定!(爆)
 
 
 
イメージ 19
ここでキャンプの受付
一人700円
 
 
イメージ 22
梓川沿いも平日だからテントもまばら
 
 
 
 
 
イメージ 23
梓川沿いのサイト前はこの絶景!
 
 
 
 
 
イメージ 20
そんな川沿いの見晴らしのいい林の中に設営完了!!
やっぱり最高!!
 
 
 
つづく・・・・
 
 
 
 

 
台風18号のもたらした被害は相当なものでした。
被害にあわれた方には心からお悔やみ申し上げます。
 
小梨平で出会ったキャンプ仲間は大丈夫だったのか?
今頃どうしているのか少し心配デス・・・
 
今日の夕方の東京は冬の澄んだ空のような
台風一過の素晴らしい夕焼けでしたが・・・
 
イメージ 1
 

↑このページのトップヘ