2014年10月

つづきから

イメージ 1
それほど広くない山頂は
別の日向大谷コースからの登山者も多く
ちょっと混雑

イメージ 2
遠くにはかすかに富士山

イメージ 8

イメージ 3
歩いてきた八丁尾根

イメージ 4
先月登った瑞牆山方面
小川山から金峰山の稜線は見えたけど南アルプスはかすんでる

イメージ 5
なぜか頭の無いお地蔵さん

イメージ 29
40分ほど山頂で過ごした後

イメージ 6
陽が暮れる前に下山開始

イメージ 7
山伏さん発見
はじめて見た!

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 19
垂れ下がるクサリ
登りは使わなかったけど
下りはないと無理

イメージ 11

イメージ 32
山影が

イメージ 31


イメージ 12
下山なのに登り・・・(笑)

イメージ 30
帰りも通るナイフリッジ

イメージ 13
ふり返りながらナイフリッジを上から撮影
落ちたらアウトだね

イメージ 14
この下りも長い鎖場

イメージ 15
東岳方面を振りかえる

イメージ 16

イメージ 17
ようやく西岳に

イメージ 18
そのそばにはテントの張れそうな平地が!?

イメージ 20
登りは楽しかったけど下りは慎重に下りた

イメージ 21
もう鎖でお腹いっぱいって感じ(笑)

イメージ 23
行きも帰りも山‟登り”を楽しめるコース!

イメージ 22


イメージ 24
八丁峠に到着
これで稜線歩き終了

イメージ 25
駐車場が見えた

イメージ 26
夕日に染まる二子山

午後4時、無事に下山
なぜか行きも帰りも同じ時間がかかった??
それだけアップダウンの激しかったコース


イメージ 27
すでにがらがらの駐車場

イメージ 28
帰り道の林道から見た両神山
アップダウンのキツさを物語る尾根

それにしても噂通りの険しいコース
標高差は500mくらいだけど累積標高差はそれ以上

登っては下りの連続で30近い鎖場はまさにアスレチック登山
結構しんどかったけど
その分すっごく楽しかったー!

山登りってよりも岩登りがおもしろくなってきた今日この頃
この先どこへいくのやら?





10月11日両神山に行きました。

先月の瑞牆山に登って山‟登り”が楽しかったので
さらに岩登りを楽しみたいと選んだのが両神山。

なんでも奥秩父の異端児との異名をもつ日本百名山のひとつ。
それもあのNHKグレートトラバースの
日本百名山一筆書きをあと1座としたヨーキ氏も
‟険しく激しい岩稜の山”と称し、標高は1723mながら
30近い鎖場の登山道となれば行ってみたくなる。

金曜の深夜に家を出て登山口の駐車場まで行くつもりが
関越道の嵐山PAで睡魔に襲われそのままPAで仮眠。

朝方、花園ICを降りて1時間半ほど走り八丁トンネルの登山口に10時過ぎに着くと
すでに駐車場はいっぱい。
さすがに秋の三連休初日。
ちょっと出遅れたか?

イメージ 1
しかしなんとかスペースを見つけて駐車できた

イメージ 2
いざ!登山の準備をして10時半に出発!
しょっぱなからかなりの急坂登り

イメージ 3
わずか5分で最初の鎖場
でも鎖を使わずに登れる程度、これはまだまだ序の口

イメージ 4
樹林帯の中を歩いて
いくつかの枯れた沢を渡っていくと
登り始めて30分で稜線にでた

イメージ 5
ここが八丁峠

イメージ 6
初心者向きではないとの案内板
大丈夫か?
ここからアスレチック登山の始まり~

イメージ 7
しばらく行くと待ち受ける岩の壁

イメージ 8
鎖場の連続
紅葉も綺麗
もう楽しくってしょうがない!

イメージ 9
途中セルフタイマーで遊び撮り
今日もいい天気!

イメージ 10
いくつものピークを登ったりまた降りたりの連続

イメージ 11
約1時間でようやく西岳

イメージ 12
次に目指すはあのピーク、東岳か?
ここから下ってさらにまた登る

イメージ 13
力持ちポーズをしようとしたけど
タイムロスなのでやめた(笑)

イメージ 14
稜線上は紅葉がピーク
前を行く登山者2名
モデルがいるとその高度感がわかるかな

イメージ 15
今降りてきた道を振りかえると
そこを登っていく登山者

イメージ 22
そしてほぼ垂直の登り!
前後に人がいなかったからゆっくりと三点支持を守って登ったら
鎖を使わずに登れた!
まさにクライミング!はまりそう!

イメージ 17
その鎖場を下りていく登山者
でも下りは鎖がないと無理だね

イメージ 16

祠が壊れていた
台風の影響か?

イメージ 18
でました!ナイフリッジ!!
左右どちらも谷底
鎖があるけど使わずに岩の上を渡り歩く

イメージ 19
来たルートを振りかえる
いくつのピークを昇り降りしたのか!?

イメージ 25
ほぼ垂直!!
アスレチック登山最高!
イメージ 20
あそこはルートじゃないけど
登ってみたくなる

イメージ 21
ベンチのある東岳に到着

イメージ 23
右奥に武甲山
山頂まであと少し

イメージ 24
山頂方面なのに下り!?
また下って登るのか~


イメージ 26
そして駐車場から2時間半で両神山山頂に到着

イメージ 27
狭い山頂にて
二等三角点にタッチ

イメージ 28
さすが奥秩父の異端児
達成感というよりも楽しい!!って気分


山頂からの景色は次回へ

つづく・・・



イメージ 1


川のせせらぎと小鳥のさえずり
たまにかん高い鹿の鳴き声

どんよりとした曇り空だけど気持ちいいキャンプ場

イメージ 1


登頂!

天気も良くて楽しい山登り!

↑このページのトップヘ