2015年11月


ふもとっぱらでそとあそびの時に展示されていた
キャンパルジャパン2016年の新作テントの紹介を少し

イメージ 1
まずは新作Piccola

イメージ 4
以前のクローカーを思わせるアンダーベンチレーター付きのシングルウォールに
パラディオを思わせるトップのみダブルウォ―ル仕様
 
イメージ 5
山岳用ではないけど20dリップストップ生地にシリコンPU加工を施した軽量テント
旧小川キャンパルにはフレッサという横開きの軽量テントがあったけど(私も所有)
このPiccolaの入口は縦方向 
重量も1.5㎏と軽量なのでバイクの積載などにはいいかも

イメージ 7
続いてはこれまたバイカーに人気のステイシーがさらに軽量になった
stacy nest

イメージ 6
フライに軽量化した20d生地を使い
以前のStacyより30%も軽量化されたライトモデル
軽いっていいよねー


イメージ 9
そして満を持して登場したTwin Pilz Fork

イメージ 10
今までのモノポールフレームの移住性を払拭するメーカーオリジナルの二股ポール
ユーザーはこれを待っていたんですよね

前モデルのTwin Pilz7plusよりも少し大きい仕様での登場も好感

イメージ 11
専用のインナーも用意

イメージ 12
これいいね!
欲しい!!

イメージ 8


イメージ 13
そしてピルツシリーズにはNEWサイズのピルツ19
この辺になると情報が定かでないのでやめときますが
この他にミネルバと同じひさしの追加されたロッジシェルターⅡなどもありました

大型テント&シェルターには最近あまり興味がないのでよく聞いて来なかった・・・

イメージ 2
プリンみたいな色彩のミニオン

イメージ 3
他にはない個性的なテントですっごく可愛い
女子には大人気!
けどこの価格と重量ではちょっとちゅうちょするよね

この他にティエラワイドⅡもあったけど写真も撮ってなく詳細も聞いてこなかった・・・(反省)m(_ _)m


とりあえず気になった方はこちらのキャンパルジャパンのサイトへ!


投げやりかい!!(笑)






大好きなイベントのひとつ
ふもとっぱらでそとあそび
旧小川キャンパルさんとAIGLEさんとのアウトドアメーカーのコラボから始まったアウトドアイベント
自身6回目の参加だけれど
すでにもう10周年記念!

今回も前日の金曜日からコゲちゃんと前乗り参加

イメージ 1
家を5時に出たけど都内の渋滞にはまりお昼前に到着

イメージ 2
この日は天気も良くて相変わらず素晴らしい景色

イメージ 3
今回は設営もせずにとりあえず
以前から気になっていた毛無山へ!GO!!

イメージ 4
毛無山登山からキャンプ場に帰還したのはちょうど16時
陽が暮れかかる赤富士を見ながらようやく設営完了
今回はやっぱり愛幕シャンティ

イメージ 5
毛無山方面にはきれいな飛行機雲

イメージ 6
じゅんちちさんのランドロックにて
その後到着したローさんとひらたけさんを交えて宴の開始!

イメージ 7
今回も前掛けまで準備して気合十分のローさん(笑)
たくさんの美味しいお酒ありがとう!

イメージ 8
気分よくなればいつもの流し(笑)

イメージ 9
ひらたけさんとシャンティ2連張り
2年前もSAMさんと同じことしたっけ

それにしてもきれいな星空!
富士山頂上にはオリオン座
天の川も見えた雲一つないいい天気

イメージ 10



翌朝
イメージ 11
きれいな朝焼け

イメージ 42



イメージ 12

イメージ 14


イメージ 13
大好きなふもとっぱらの朝の時間

イメージ 16
キャンパルジャパンのテント群

イメージ 15
雲のせいで残念ながら山肌からの日の出は見られなかったけど
山影を映す珍しいシルエット

イメージ 17
昨夜の酒!?
ばかだねー(笑)

イメージ 41
昨日登った毛無山
イベントの準備も着々と

イメージ 24
OGAWA健在!

イメージ 18
来年の新作も展示

イメージ 20
大型テントよりも
やっぱり気になるのがこのシリーズ

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 22
子供や女子に大人気のミニオン
かわいいよね


イメージ 23
オガワバナーも健在!

イメージ 40
そういえば今年ここで長渕剛氏の10万人ライブがあったみたい


イメージ 25
11時からはイベントブース開店
今年は出展者さんも17社!
来場者も1000人を超えたみたい!?
やっぱり10周年記念だなー

イメージ 26
ヒロくんがGETしたシャンティ23を並べてシャンティ3連!

イメージ 27
いいね!

イメージ 28
んーーーーーーーーーーーー?
(笑)

イメージ 29
お昼過ぎには来場者も増えてテントもたくさん!


イメージ 30


イメージ 31
風もなくおだやかだったので焚火を囲む
やっぱりみんなで囲む焚火っていいね~
ヒロくんありがとう!


イメージ 32
夜のメインイベントはNABOWAによるライブ
初めて聞いたけどいいね

イメージ 33


イメージ 34
この日もじゅんちちさんのランドロックでバカ話して飲んだくれて
楽しい夜を過ごした



イメージ 35
翌朝

雨の予報がバッチリあたり5時過ぎからテントを叩く雨音
おかげで気温も下がらなくて寒くはなかったけど

イメージ 36
小雨が降り低い雲に隠れる富士山

イメージ 37
やみそうにないので仕方なく雨撤収

イメージ 38
残念ながら昨年に引き続き最終日のイベントも中止
抽選会も前倒しで行われたけど
1000人もいればかすりもしない


イメージ 39
帰りに昨年も寄った風林にて肉天うどん!

大好きなイベントのふもとっぱらでそとあそびも今年で10周年
みんなで一緒にわいわい楽しいイベントキャンプ!
今年は念願の毛無山にも登ることが出来て思う存分楽しめました!!





11月6日、毛無山に登った。
以前からふもとっぱらでキャンプした時に気になっていた富士山とは反対側の山。
実は山梨百名山、日本二百名山の山で1964mをほこる天子山塊の最高峰。

イメージ 45
今回はふもとっぱらでキャンプなのでキャンプ場に車を停めた後
徒歩で登山口まで


イメージ 46
登山口はここ
左手に駐車場もあった

イメージ 47
その先には麓宮神社

イメージ 1
紅葉もまだ残る枯れた沢沿いを歩きその沢を渡ると

イメージ 2
地蔵峠との分岐点
ここを右に登っていく

イメージ 3
杉林の登り始めからキツイ急登

イメージ 4
所々にこういう場所があると山登りも飽きなくていいね

イメージ 5
途中のなだらかな道


しばらく行くと名物の不動の滝
イメージ 6
こんなすごい滝があったなんて
キャンプ場からは見えないから知らなかった

イメージ 7
先に進み振りかえると富士山くっきり!
今日は天気もいいし
葉の落ちたこの時期だからよく見えるんだね

イメージ 8
一合目から山頂まである合標識
登る励みにもなる
でもまだ3合目!?

イメージ 9
所々、岩がむき出しの登山道

イメージ 10
四合目を過ぎたあたりでヘリポート兼レスキューポイント

イメージ 11
ちょっとした広場になっているので
ここで少し一休み

イメージ 12
そこからまもなく
やっと5合目の名物マツダランプの看板

イメージ 13
さらに標高をあげると周りの山はよく見えるけど

イメージ 14
自分の登っている山頂は見えない・・・

やっぱり山登りって人生に似ているなー

イメージ 15
なーんて登っていると
後ろからいっきに抜かされたトレランの方?
この急登を走って登るとは!?

イメージ 16
この辺からの急登が一番きつかったー

イメージ 17
ん?展望台?

イメージ 49
おお!!
まさに絶景!!
富士山が冠雪していればもっとカッコよかったのに!

イメージ 18
右手には天子山塊の山並み

イメージ 50
登ってきたふもとっぱらもよく見える

イメージ 19
あと一息!

イメージ 20
ようやく山頂への稜線に到着
しかし稜線に出るといっきに冷たい風
ここを右手に行くと

イメージ 21
北アルプス展望台?

イメージ 22
見えたのは南アルプス!?
右手には八ケ岳もくっきり見えた

イメージ 23
そしてキャンプ場から約2時間ちょっとで
毛無山山頂に到着~

イメージ 24
一応三角点タッチ

イメージ 25

イメージ 26
ここからの眺めもいいけど
さっきの展望台のほうが視界が開けていてよかった

イメージ 27
でも山頂からは駿河湾と伊豆半島も見えた

イメージ 28

イメージ 29
富士山もすっごく近くに見える

イメージ 30
40分ほど誰もいない山頂を独り占めしてから下山開始

イメージ 31
山頂から地蔵峠まではなだらかな稜線からいっきに下る道

イメージ 32

イメージ 33
ここの地蔵峠から左に下る

イメージ 34
かなりの急勾配

イメージ 35
枯れた沢を幾度も渡る
そしてザレた石に落ち葉が積もってすっごく歩きにくい沢沿いの道

イメージ 36
途中にある金鉱山のあと


イメージ 38
途中何度も渡るきれいな沢

イメージ 48


イメージ 37

イメージ 39
枯れた沢をトラバースする箇所も二か所
こんな滑りそうな岩場もトランゴトレックがしっかりグリップ
安心して歩ける靴

イメージ 40
幾度も現れるきれいな滝
尾白川渓谷を思い出したくらいのきれいな渓谷

イメージ 41

イメージ 42
まさに天然のプール
この辺りなら夏場は子供を連れてきても楽しめるだろう

イメージ 43
この分岐まで登り始めから約4時間で到着
コースタイムよりは早く下山できたけど
登りは結構しんどくて
下りは足場も悪かったけど思っていた以上にきれいな渓谷道で
とても楽しめた山登りだった

イメージ 44
16時ちょうどふもとっぱらに到着

さて

飲むか!!(笑)







イメージ 1




イメージ 2

いつの間にかシャンティが3連に
(笑)


イメージ 1

朝6時のふもとっぱら

富士山と2連シャンティの綺麗なシルエット


イメージ 2

ふもとっぱらで外遊びも今年は10周年!

↑このページのトップヘ