つづきから

昨夜は21時には寝たが夜中の強風で何度か目が覚めた

夜中に空を見上げたが流れる雲が邪魔をして満天の星空は残念ながら見えなかった

そして早朝の3時半頃に目が覚め白馬岳山頂からのご来光を見ようと
4時にはヘッドランプを装着して真っ暗なガスガスの中テントを出発

白馬岳頂上山荘から白馬岳山頂までは普通にロープも張ってある稜線上の一直線ルートだけど
真っ暗闇のガスの中、ヘッドライトの明かりも目の前しか照らせない状況では
自分の歩いている場所さえ分からず
歩いた距離さえ分からずすっごく心細く不安だった

悪天候の中での登山って危険なんだと痛感した

なんとかルートのロープを頼りに白馬山荘まで到着し
そこからさらに登り
ようやく日の出前の山頂に到着
テント場からおよそ30分

IMG_9679
ついに念願の白馬岳に登頂!
朝の4時半(笑)

IMG_9685
しばらくすると東の水平線から日の出
少し雲から出てきた感はあるけど
とても感動的なご来光


IMG_9688
雲上でのご来光
これは絶対に見た人でなければ分からない感動と
素晴らしい景色

しばらく山頂で景色と強風を堪能した後(笑)
IMG_9690
白馬山荘を過ぎて下山
(登りの時は暗くて撮影できなかった)

テント場に戻り
軽い朝食をとった後は早々に撤収
IMG_9691
7時には撤収完了
でも周りも皆いないし!早っ!

IMG_9692
みんな早いね~

IMG_9696
この後まずは杓子岳を目指して稜線を南下
でもイマイチ天気が悪く終始ガスの中

IMG_9698
途中ちょっと晴れ間は見えたけど風が強くて飛ばされそうなほど

IMG_9701
杓子岳山頂には向かわず右からまいた

IMG_9702
これは知ってる!
高山植物の女王、コマクサ!

IMG_9712
そして白馬槍ケ岳へ向かう途中の稜線上
あたりはガスガスだけど
晴れていれば素晴らしい展望が見えたはず
ちょっと残念

IMG_9713
白馬槍ケ岳へのコル付近
この辺りでは右の富山側からすっごく風が強くて
重心をかがめていないとザックごともっていかれるくらいの強風!
たぶんザックのレインカバーなんかしていたら
そのままパラグライダーみたいに飛ばされるんじゃないかと思うくらいの強風だった!

IMG_9714
なので白馬槍ケ岳直下でザックをデポして

IMG_9716
空荷で白馬槍ケ岳登頂!

IMG_9720
しかし展望はゼロ

IMG_9722
でもここでも女王が励ましてくれた
またおいでと

IMG_9723
その後は槍温泉への分岐をくだり

IMG_9724
誰もいないザレたルートをひたすら下山

IMG_9725
稜線をくだり長野側へ下りれば風も落ち着きおだやかな山歩き

でもこのルート
人が少ないのか浮き石も多くちょっとてこずる

IMG_9726
温泉マークを見つけ槍温泉方面へ

IMG_9728

IMG_9730

IMG_9731
途中岩肌が変わり岩盤をわたる鎖場でようやく先行者を発見

IMG_9732
この辺り一帯は要注意ですね
湧水もあり岩が常に濡れているところもあるので

IMG_9736

IMG_9735
とこどころハシゴもあるけどゆっくりいけば問題ないレベル

IMG_9737
そして槍温泉小屋に到着

小屋の営業はこの週末からだけど
テント場は自由にどうぞということなので
今日はここで1泊することに

IMG_9748
どこもデコボコで所々温泉も湧き出ているサイトだけど
誰もいなかったのでフラットなサイトに設営完了

IMG_9742
土ってよりも硫黄が混じった砂?のような土壌
小屋のオープンがまだだから
サイトの整備もこれからするのかもしれないけど
けっしていい状態とはいえないテント場

IMG_9770
下段のサイトは荒れていた


IMG_9743
温泉は利用可能

IMG_9746
山を眺めながらの露天風呂

IMG_9019
最高に気持ちいい~~


IMG_9740
源泉かけ流しの湯はサイトを横切って温泉の川(笑)

IMG_9755
湯けむりをあげながら流れてる

IMG_9009
風呂上がりの一杯

IMG_9747
温泉下には無料の足湯も

IMG_9753
足湯をしながらの一杯

もうとまりません(笑)

IMG_9027
山のテント場でのんびりダラダラ
普段の時間に追われた生活からは考えられないこの上ない幸せ



IMG_9024
再度!
夕飯前の露天風呂
もう最高!


IMG_9030
疲れた体に温泉三昧の一日
最高のご褒美の槍温泉

またまたつづく