カテゴリ:無題 > 小川キャンパル

11月のふもとっぱらでそとあそびの雨撤収の時に
愛幕のシャンティのインナーを外していると・・・
イメージ 1
フライの内側のシームテープが少し剥がれかけていた
そりゃ生産から8年、通算40泊以上してれば当然劣化もしてくるよね
それでもこのくらいならまだまだましなほうだと思う
さすが職人品質旧小川キャンパル(笑)

イメージ 3
それになんとなく撥水も以前より落ちてきているみたい?
(所有するS社のタープよりはずっと撥水しているけど?)
まだまだ雨漏りがするっていうレベルではないけど
これからも大切に使っていきたい愛幕だから

っということで先日購入から7年目にして始めてシャンティのフライのメンテナンスをしてみた
まずは雨撤収した幕を風呂場できれいに洗い流してからベランダにて完全に乾燥させ
その後は低温のアイロンにてシームテープの補修から
当て布をしてゆっくりとシームテープが剥がれかけている上からアイロンを押さえつける
イメージ 2
すると白く浮いていたシームテープがきれいに元通りに!

次にフライの撥水を回復させるために生地の外側から低温でアイロンがけ
イメージ 6
あくまでも低温でゆっくりと・・・

イメージ 4
写真の右側がアイロンがけしたところ
しわがきれいに伸びて新品みたい!

その結果は・・・

イメージ 5
前回のホウリーウッズにて早々にも訪れたテストの日!?
天神様ある意味ありがとう!(笑)

まるで新品の時のような撥水で小さな雨粒がコロコロ状態!
生地の表面にテフロン加工されているからできる技なのか?
改めて製品の品質の良さに惚れ込んだ愛幕シャンティ
これでまだまだ行けそうだ

下手な撥水剤や防水剤を使わなくてもちょっとしたメンテナンスでよみがえるのであれば初期投資の価格は妥当なのか?

改めて職人品質小川キャンパルの製品の良さを実感した

大好きな小川キャンパルシャンティ
まだまだ現役バリバリ!!
あと何回コイツとキャンプできるかなー



私が所有する小川キャンパルのテントは
初代シャンティ、ティエラ5、ステイシーⅡ、フレッサ1の4幕。

゛職人品質”のこだわりが好きで

ふもとっぱらでの外遊びイベントが好きで

小川キャンパルのイベントの゛顔”的だったK氏が好きで

とてもひいきにしていたテントメーカーだけど・・・




この度、残念ながらその゛ogawa ”の名前もなくなってしまった。

イメージ 1
先週末の展示試泊会が ‟小川キャンパル”としての最後のイベントだったのか・・・







先週末のふもとっぱらで外遊びで初めて実物を見た新型シャンティ23

イメージ 1
やっぱりいいねー
最強のソロテント!
でも・・・
あれっ?
旧型とちょっと違う??

ロゴやカラーもそうだけどテントのシルエットやラインも
イメージ 2
前モデルよりも明らかに横幅が広い?

そして
イメージ 3
あのきれいなバックのウェーブが・・・?

イメージ 4
反対側から見ても?

・・・??


イメージ 5
(2011年洪庵キャンプ場にて)
どう見ても前モデルとは違うライン

イメージ 6
(2011ふもとっぱらにて)
このきれいなウェーブが好きだったけど・・・
張り方の違いなのかな~??



今年復活した小川キャンパル シャンティ23。
旧モデルの我相棒もまだまだ現役バリバリ!
 
そんなシャンティ
以前にアップした記事でインナー吊り下げ式の一体型って?
とのご質問がありましたので
個人的なレポートをいたします。
 
イメージ 1
まずフライの外側のポールスリープにポールを2本通して立ち上げると
インナーはすでにフライと接続されているので
そのまま設営完了!となる訳デス。
当時はクイックセットアップ、と呼んでいたような?
 
 
イメージ 2
フライとの接続はインナー側からゴムループで計12個所(常時接続)
もちろん簡単に外すことも可能。
その際はフライのみのシェルター使いができる!
が逆にインナーだけの使い方はできない。
けど雨天時の設営、撤収はインナーを濡らさずにできるので
すっごく便利!
 
 
イメージ 3
インナーは220×150の横開き
 
 
イメージ 4
インナー内はこんな感じ
たて方向前後にベンチレーター
左右は対象で、もちろんメッシュ仕様
天井方向はピンと張ってるけど・・・
 
 
 
イメージ 5
左右方向は吊り下げ式だから、やっぱり少したるんでる。
だから横幅150cmでも気分的には一人で余裕、二人でちょうどくらいでは?
 
 
イメージ 6
2011年2月 道志の森にて
前室ではこんな使い方もできる
まさにソロ用ツールームテント!
この時はさすがにフジカは暑かったけど・・・(笑)
(※テント内の火器の使用は換気に気を付けて自己責任で! )
 
 
所有テントの使用回数ではNo1の我相棒シャンティ。
 
おすすめデス!
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2006年の発売時からわずか2年で惜しまれながらも廃番となった
小川キャンパル シャンティ。
 
 
前室が広くて、ちょっとしたタープ代わりになるエクステンションルーフを備えた
画期的な装備を持ち
廃番となってから”最強のソロテント”の異名がつき
人気が出た珍しいテント。
 
イメージ 12
(2014年シャンティ23 小川キャンパルサイトより)
 
 
私も廃番後の2008年にあわててヤフオクでGETしてから
かれこれ5年間、こいつとキャンプした回数は三十数回。
 
イメージ 20
(2013年6月白州観光尾白にて)
所有しているテントの中では一番の出動回数を誇り、
ソロテントとしての使いやすさは抜群のテント。
 
 
 
そんなシャンティが今年ついに復活!!
イメージ 1
 
基本的な構造はそのままに、フロアがライトPVCからポリエルテル素材に変わっただけ。
 
 
その分重量も軽くなったスペックは・・・
 
■重量
幕体:約3.7kg
ポール:約1.7kg

■素材
フライ:ポリエステル75d(耐水圧1800mm)
内幕:ポリエステル
グランドシート:ポリエステル75d(耐水圧1800mm以上)
ポール:7001アルミ合金

■パッキング
60×27×18cm
 
 
イメージ 22
(2013年11月四尾連湖水明荘キャンプ場にて)
サイズ的にはソロテントとしては少し大きめで
(SPのアメニティドームに比べて少し前室が高い)
 重さもあるけど、オートキャンプ用ならなんら問題なし!
 
 
 
 
イメージ 13
 
ポールの色付けもされたけど、基本3本どのポールも同じ長さだから
設営時に迷うことなし。
 
イメージ 25
(2011年10月ふもとっぱらにて)
 深夜0時過ぎにランタンの明かりのみでの設営!しかも気温0℃!(爆)!
 
 
 
 
イメージ 14
(2012年9月パインウッドキャンプ場にて)
インナー吊り下げ式の一体型だから、ポールを通して立ち上げればそれでダブルウォールのテントが簡単に設営完了!
 
 
 
 
シャンティ23と名前が変わったけど
フロアーサイズは前と変わらず220×150cm
私の主観ではインナーは、大人2人でちょうどいい感じ。
 
イメージ 19
 
カタログの図のような大人2人と子供1人とか
小柄な方で3人なら寝れなくはないけど
吊り下げ式のインナーはドームテントみたいに
側面がピンと張られてないから
少し圧迫感は感じるかも?
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
初夏のちょっと暑い日差しくらいなら
継承されたエクステンションルーフが伸びて、タープの役割を
イメージ 8
(2011年4月成田ゆめ牧場キャンプ場にて)
 
 
 
イメージ 9
(2011年4月成田ゆめ牧場キャンプ場にて)
 
 
 
 
 
イメージ 7
(2011年4月成田ゆめ牧場キャンプ場にて)
ちょっとイレギュラーだけど横風のある日はこんな風よけの使い方も!?
 
でもルーフとの接続強度はあまりないから・・・あくまで自己責任で。
 
 
 
イメージ 16
(2013年6月白州観光尾白にて)
ソロキャンのいつものスタイル!
 
 
 
でも!こいつがもっとも使えるのは冬のソロキャン!
 
 
 
 
簡単に取り外せるインナーでシェルターとしての使い方や
イメージ 6
(2013年12月多々良北浜海岸キャンプ場にて)
コンパクトなシェルターになるから、ランタンだけでも中は暖か!!
二人なら十分な広さ!
 
 
そういえば以前、SAMさんのシャンティでバンカーさんと3人でシェルターにして
宴会したこともあったっけ!!
 
 
他のソロテントには真似できない
広々とした前室で暖をとるには最適な広さのシャンティ!
 
イメージ 23
(2012年3月朝霧ジャンボリーキャンプ場にて)
所有しているステイシーよりも前室が広くて
地べたに座る派よりも
イスに座っていたい派の私にとっては
高さもあるので、前室の使い勝手も良好!
 
イメージ 10
(2012年2月道志の森キャンプ場にて)
まさにソロ用の2ルームテントって言った感じ。
( この時はフジカ入れたら、さすがに暑すぎた!!)
 
 
イメージ 11
(2012年4月田貫湖キャンプ場にて)
いつも寒い時期はこんな感じで焚火してると、前室も暖かくて快適!
 
 
セカンドテントとしては値が張るけど
オートキャンプで色々なシチュエーションでの使用を考えると
すごくお得で使えるテント!
 
 
幾度も雨風にさらされて
前回の海キャンプでは、ポールが少し曲がっちゃったけど・・・
 
 
イメージ 5
これだけ使った我シャンティでも
何のメンテナンスもいらずに、撥水はいまだ現役バリバリ!
 
 
さすが!職人品質小川!!
 
イメージ 15
(2013年11月ふもとっぱらにて)
 
 
イメージ 2
最近は張り綱も赤に変えて、カスタマイズ!
 
 
 
そして、もう一つのお気に入りが
イメージ 3
(2011年6月大洗サンビーチキャンプ場にて)
このバックシャン!!
 
 
イメージ 4
(2012年6月本栖湖浩庵キャンプ場にて)
なかなかこんなきれいなウェーブをもったテントってないのでは??
 
 
 
 
イメージ 18
(2011年10月ふもとっぱらにて)
SAMさん、ひらたけさんとのシャンティ 3連張り!
 
 
イメージ 24
(2011年10月ふもとっぱらにて)
 
 
 
イメージ 17
(2011年10月ふもとっぱらにて)
 
 
オートキャンプ用で初めてのソロテントをお探しならば超おすすめ!!
 
 
もう一張、買おうかな!??
 
 
 
 
詳しくは小川キャンパルHPで!
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ