タグ:旅行

青の洞窟とシュノーケリングを堪能した後は
58号線を北上して
きじむなぁ恩納村店で

イメージ 2
沖縄といえばのタコライス

イメージ 3
そして食後にさんぴん茶
店の前のビーチがきれい

イメージ 4
そして名護市にあるオリオンビール工場へ
(仕事柄必須?笑)

イメージ 5
時間が限られていたため工場見学はしなかったけど
レストランで出来たてのオリオンビール!
旨いねーー!!
さっぱりしているけどこの土地で飲むにはマッチしている味わい
潮風を感じながらの味とでもいうのか
まさに沖縄ならではのテイスト

ここで
呑まなかった息子にドライバーを譲り
さらに北上して

イメージ 6
古宇利島へ

イメージ 7
約2km弱の古宇利大橋

イメージ 8
古宇利島上陸

この島の目的は北側の・・・


イメージ 9
ハートロック♡

でもすごい人…
知らなかったけどTVの撮影で使われて有名になったとか?

イメージ 10
確かにインスタ映えする景色

イメージ 11
ウージ畑の小さな島を一周して大橋に戻り

イメージ 12
またもやここでBLUE SEALのアイス!
首都圏では寒さもゆるんできたとはいえまだ肌寒い時期だけど
ここ沖縄では20度を超す汗ばむ陽気

イメージ 13
そんな古宇利ビーチでのんびりと

イメージ 14
青い空に青い海
白い砂浜に透き通る水
本当に美しい

ここでもしばらくのんびりして沖縄満喫!


その後は瀬底島へ
イメージ 15
瀬底ビーチから見た伊江島
わずか172mほどの城山(グスクヤマ)が山好きをくすぐる(笑)

イメージ 16
ここの浜もきれいなビーチ
建設途中で中断された廃墟ホテルがあったけど
近いうちに高級リゾートとして再建されるみたい

イメージ 17
陽が傾いてきたので
ホテルに戻るように58号線を南下

ここでリメンバー
初めて沖縄に来た時に
正確には覚えてないけれど恩納村辺りの海岸沿いに
古びたバスを改造したカフェがあって
そこでオリオンビール飲んでBLTサンドを食べた記憶がある
確か”バナナビーチダイナー”って名前だったと思うけど
スクリーンを立てて無声映画を流していて
すっごく雰囲気がよかった思い出がある

もう30年近く前のこと
一緒にいたのは今のカミさん
いい思い出だね

イメージ 18
そうしているときれいなサンセットの時間
幸喜公園のビーチで停まるときれいな夕陽

イメージ 19
青い海にオレンジ色の浜がきれいだった
なんでもここの浜沿いはキャンプができるみたい
サイト料や規約は確認できなかったけど
こんな場所でキャンプできたら最高だね


イメージ 20
ホテル近くに戻り夕食は
海辺のダイニングKISAMA

イメージ 21
地元沖縄の食材を使ったコース料理で
歯ごたえのあるもずくから
もっちりした島豆腐の揚げだし豆腐
本場のゴーヤチャンプル!
初めて食べた水前寺菜のサラダに
アグー豚のローストに石垣牛のグリルなどなど
沖縄料理を満喫!



翌朝
イメージ 1
最終日
美味しいホテルの朝食をゆっくり堪能して


イメージ 22
ホテルでお土産を買い

イメージ 23
チェックアウトまでのんびりと

イメージ 24


イメージ 25
名残惜しむように58号線を南下
途中の米軍払い下げの店を見たり
国際通りをぶらついた後

イメージ 26
最後にもう一度沖縄そば

イメージ 27
レンタカーを返却して那覇空港では名残惜しいサンセット



20数年ぶりの沖縄は
58号線の景色や
那覇市内の街並みも近代化していてちょっと変わったイメージもあったけど
きれいな白浜と透き通る海の色は変わらず
いつ来てものどかな南国の雰囲気が大好き
またいつか
必ず再訪したい


イメージ 28

今回は次男の就職祝いで企画した家族旅行
普段は同じ屋根の下で一緒に生活していてもすれ違いの時間が多く
なかなかお互い話す時間がなかったけど
この旅行中はずっと同じ時間を共有できてよかった

思えば子供たちの成長はあっという間で
来月からはその次男も家を出る

誰に似たのかヤンチャな性格はいまだ治らないから
ちょっと心配だけど(笑)
これからは社会人として
自分の人生を楽しんでいってほしい





沖縄2日目の朝
イメージ 1
早朝にホテルを出て

向った先は真栄田岬の青の洞窟
今回の旅のメインイベント
イメージ 2
ウエットスーツを着てボートで着岸

イメージ 3
ボートから飛び込むと
サンゴに熱帯魚
そこはもう水族館のような世界
水温は思っていたより冷たくなく22℃くらい

イメージ 4
冷たいのを覚悟していたけど
ぜんぜんそんなことなくかえって海中のほうが快適なくらい
でも
場所によって深いところもあってちょっとビビる?

海の中って神秘的


イメージ 17
たくさんの魚に導かれ・・・

イメージ 5
初めてのシュノーケリングに慣れてきたら
いよいよ洞窟の入口

イメージ 6
中はそれほど広くなく奥行20mくらいかな
イタリアの青の洞窟はボートで入ったけどもっと広かった

イメージ 7
でも今回はシュノーケリングだから
水中も見れてすごく神秘的

イメージ 8
写真ではうまく撮れなかったけど
洞窟内がブルーに輝く幻想的な世界

イメージ 15
インストラクターさんに撮ってもらった洞窟内


イメージ 9
海中に光が差し込む透明度のたかい海中

イメージ 10
熱帯魚がたくさん

イメージ 11
その後、洞窟を出て
エサ(麩菓子)をまくといろんな魚が寄ってくる寄ってくる!

イメージ 13

イメージ 16
写真には写せなかったけど海底深くに泳ぐウミガメも見れた

イメージ 12
ニーモ!!(テントじゃないよ)www
クマノミの親子も

イメージ 14
初めてのシュノーケリング
すっごく楽しかったー!
この時期だから空いていてよかったのかな?
インストラクターさんいわく
シーズン中は人でごったがえして洞窟内は大渋滞とのこと…



でも特別な用意もいらずに楽しめる青の洞窟シュノーケリング!
沖縄に行ったら是非おススメです!


今回お世話になったのは↓



つづく…



3月初旬
今回はキャンプじゃないけど
次男の高校卒業祝いで久しぶりの家族旅行

温泉もいいけど暖かいところがいいね
ならシュノーケリングしたいね
自身20代の頃に2度ほど訪れたことのある沖縄本島へ

イメージ 2
久しぶりに飛行機に乗った(笑)
イタリアに行った以来!?20数年ぶりか?
離陸前のジェットエンジンの加速感が大好き!

イメージ 3
那覇空港を出てレンタカーを借りて

イメージ 1
まず向った先は那覇市湊町の法隆軒

自分が白馬村のホテルにいた頃
一緒に働いていた友人の店
ずっと年賀状で繋がってはいたが会うのは25年ぶり!!

すっごく懐かしくて
容姿は変われどお互い全然変わっていない!
なかなか会える距離じゃないからね
久しぶりに会えてよかったよ!


ほんとはここでランチをいただく予定だったけど
思いのほかレンタカーの貸し出しに時間がかかって
ランチタイムはとうに過ぎていたから

イメージ 4
昼食は近くの亀そばで

イメージ 5
沖縄そば!
やわらかく煮込まれた豚肉が美味い!

その後は58号線を北上して
イメージ 6
途中でBLUE SEALのアイスをこれまた20数年ぶりに食べて

イメージ 7
ホテルは読谷村の日航アリビラ

ビーチに降りると
イメージ 8
サンゴの白い浜
水も超キレイ!!
やっぱり沖縄最高!

イメージ 15
あんまりにも気持ち良かったから
orionビール飲んでJasonMraz聴きながら
サンゴの白浜でのんびり


イメージ 14


イメージ 9

イメージ 16


イメージ 10
そのままサンセットタイム
今回いちばんのんびり過ごした時間

イメージ 13


イメージ 17


イメージ 11
沖縄のサンセットはまた格別

イメージ 12


イメージ 18
ホテルのライトアップもキレイだった

イメージ 19

イメージ 20
夕食はホテル内のレストランへ
ちょっと奮発して久しぶりに家族でコース料理!

リゾートホテル満喫の初日!


つづく・・・











イメージ 1


イメージ 2
美味しいうどん

イメージ 3


イメージ 4
気持ちいい鹿の湯温泉


最終日
昨日天上山に登って神々しいところを見てきたせいか
変な夢見て早めに目が覚めた朝の4時過ぎ

イメージ 1
どんよりとした天気


イメージ 2
今日は午後から天気が崩れるらしいので
早めの朝食&撤収

イメージ 3

イメージ 4
船の出港の心配もあったので早めに撤収完了
でもまだ7時半

イメージ 5
芝生の気持ちいいキャンプ場
またね

イメージ 13
港までの歩き慣れた道

イメージ 6
港のまっちゃーれセンターに着いたのはちょうど8時ごろ

イメージ 7
今日の船着場は対岸の多港湾みたい
この連絡は島内でもスピーカーで朝8時に放送が入るから
貴重な情報源
ちなみにキャンプ場にいても聞こえた

イメージ 33
荷物検査の測り
試しに測ってみたら14㎏!
もう少し軽量化しなきゃ

イメージ 10
帰りはジェット船で帰る予定
名残惜しく港辺りを散策

イメージ 8

イメージ 9
あれ?天上山雲かかってない!?
ちょっと悔しい気分・・・

イメージ 12
11時オープンのよっちゃーれセンター2階の食堂にて

イメージ 11
金目鯛、赤イカ、目鯛の漬け丼¥1000
これが食べたかったんだよね
明日葉の天ぷらと味噌汁もすっごく美味しかったー
超お勧めデス!!


イメージ 36
そしてバスに乗り多港湾へ
昨日もお会いしたバスの運転手さん
ありがとうございました!

イメージ 14
神津島は昔、メカジキの突きん棒漁のメッカだったみたい
まるでシチリアだね

イメージ 38


イメージ 15
多幸湾海岸と天上山

イメージ 16
港内の丸島
湾内だから波もなくお子様連れのファミリーにはいい浜だね
それにしてもきれいな浜

イメージ 17
多幸名湧水
天上山からの豊富な水が絶え間なく湧き出ている
軟水でとても美味しい水だった
イメージ 18
その先には釡ヶ下洞窟も見えたけど
船の時間がないから行けなかった

イメージ 24
それではと向かったのが港から坂を少し登った
多港湾キャンプ場
少しだけ海も見えるフリーサイト

イメージ 19
海が目の前!ってわけじゃないけど
海岸までもそんなに遠くないし設備も充実しているから
次回はここでもいいな!
ただ神津港側の街とは違って
こちらの港に店は東海汽船の船着場の売店しかないから
食料の調達には苦労するかも?
キャンプ場の管理棟にはあるのかな?

イメージ 20
こちらは多目的広場
昨日登山口の先から見えたのはここだったんだね
イメージ 21
こちらが管理棟
管理人らしき方にお話を聞き場内案内していただきました
食材について聞くの忘れた

イメージ 22
常設テントは小川キャンパルミネルバ常設型10人用
レンタルテントはリサービアらしい!?

イメージ 23
ここにも伝説が

イメージ 32



イメージ 27
こちら側からも登山道に行けるみたい?

イメージ 29
っていうか
こっちからのほうが黒島登山道に近いことが判明!
昨日登った登山道もうっすら見えたし
今度来る時はこっちかな!?

イメージ 26
つつじのきれいな時期でした
イメージ 25
多幸湾内の三浦漁港を見下ろせる

イメージ 28
帰りはジェット船”愛”で

イメージ 37


イメージ 34
新島で見た軍艦

イメージ 35
行きの大型客船の時もそうだったけど
どこの島でも船の着岸の時は必ず警察の方がいるんですよね
聞いたら警備の為に乗客の確認をしてるんだって!
さすが警視庁

イメージ 30
神津島から竹芝桟橋まで3時間半で到着
やっぱりジェット船は早いね
船の揺れも心配してたけどなんてことない
飛行機に乗ってるみたいな揺れくらいだった
どっちかというとジェット船のほうが楽だったかな


イメージ 31
はじめは夏休み頃に行こうかなと思っていた島キャンプ
空いているこの時期に
全日天候に恵まれたのはとてもラッキーだった
逆にあまり暑くない時期に行けてよかったのかな

ひとつだけ残念だったのは天上山山頂で
雲がかかっていたこと・・・
でもそれもまた次回へのお楽しみになるのかな


今回の島キャンプ
計画段階から旅の行程までとってもお世話になり
参考になったのがこちらのサイト

神津島出身の方が地元神津島を愛し
島のいろいろな情報を紹介しているサイトです。
私も今回の島旅では大変お世話になりました。

神々の集いし島 神津島

帰ってきてから改めて島の歴史について調べましたが
とても興味深いことがたくさん!

またいつか
山頂の龍神と交わした約束を果たしに
訪れる日が来るまで


ci vediamo dopo!!




↑このページのトップヘ