タグ:登山

7月11日
行者小屋から八ヶ岳の主峰赤岳を目指して登ってきました

まずは行者小屋テント場の横からスタート
イメージ 1
marmotのアタックザックで軽量登山
やっぱり軽いっていいね

イメージ 2
およそ5分で文三郎尾根と阿弥陀岳方面への分岐
左に行くと赤岳だけど
その前にまずは阿弥陀岳を目指して右に

イメージ 3
樹林帯を歩いて行くと左手に赤岳
写真では解りづらいけど土が赤褐色で赤岳の名称の意味がわかる気がする

イメージ 50
それほど急でもない気持ちいい登山道を登っていくと

イメージ 4
スタートから45分ほどで初めてのロープ
ここを登りきると・・・

イメージ 5
赤岳と阿弥陀岳の稜線、中岳のコルに到着
奥に見えるのは権現岳

イメージ 6
ここを右手にまず目指すは阿弥陀岳

イメージ 7
いがいと険しい
けどちょっとワクワク!?

イメージ 8
振りかえると赤岳
下の広場が中岳のコル
後を登ってくる登山者で高度感がわかるかな?
結構な急登

イメージ 9
いやいやすごい急登!
両手を使っての岩登り!(手袋必須)

イメージ 10
他の山なら間違いなくあるであろう鎖場も一部しかなく
いがいと危険な岩場の急登!
(でもちょっと楽しかったり(笑))

イメージ 11
赤岳をバックにちょっと一息

イメージ 12
取り付きから25分の岩登りを楽しんで
阿弥陀岳登頂!

イメージ 17
山頂にはお地蔵さん
っていうかこれは阿弥陀如来なのか?
(宗教のことはよくわかりません)

イメージ 18
標高2805m

イメージ 13
見晴らしは最高!
茅野市外と諏訪湖

イメージ 14
先月登った入笠山から南アルプスまでもバッチリ

イメージ 15
奥に横岳
麓には登ってきた行者小屋
その右手には・・・

イメージ 16
これから目指す八ヶ岳主峰赤岳
途中の登山道もくっきり見える

少し景色を堪能した後、下山

イメージ 19
下りはより一層気を付けて
天気がいいのが救い

イメージ 20
阿弥陀岳から中岳のコルまで下り
次に目指す赤岳の前にまずは中岳への登り

イメージ 21
振りかえると今登った阿弥陀岳
結構な岩場の急登だった

イメージ 22
そして中岳のコルから60m登り
中岳登頂
でもここは通過点

イメージ 23
ここから一旦下りいざ主峰赤岳へ

イメージ 24
そして中岳から20分ほど登り
行者小屋から登ってくる文三郎道の分岐点
ここまでのつづら折りのガレ場が意外としんどかったー

イメージ 25
ふり返り阿弥陀岳からのルート
標高にして2800mくらい辺り
このころが一番しんどくて酸素が足りない
ちょっと頭がクラクラする症状がでたところ
高山病か?

イメージ 26
でもそんなことはおかまいなく
ここからいよいよ主峰赤岳への岩稜ルートへ

イメージ 27
キレット分岐を山頂方面へ

イメージ 28
北アルプスとはちょっと違い茶色い岩稜を鎖伝いに登る
八ヶ岳ってこんな岩場があったんだー
結構面白いじゃん!
なんて思ってよじ登っていたら・・・



イメージ 29
・・・・・・!!!!!!



カモシカと遭遇!!


すっげー至近距離!!
しかも目の前わずか3mくらい!!

初めは熊かと思ったくらいデカくて
お互いビックリして1分くらいお見合い状態!?

とりあえず音の出ないデジカメでパシャパシャ撮ったけど
相手も早く行ってくれって感じだったので
ゆっくり視線を移しながら再び登り始める・・・


イメージ 30
そうかここの草を食べてたのか
邪魔して悪かったね

いやーそれにしてもびっくりしたー!

熊じゃなくてよかった・・・ホッ・・・

イメージ 31
そして山頂まではもう一息
鎖を目印に岩場を登ると

イメージ 32
いよいよ山頂直下

イメージ 33
そして最後の短い階段を登ると・・・

イメージ 34
2899m
八ヶ岳主峰赤岳登頂!

イメージ 36
左手には今歩いてきた阿弥陀岳からの稜線
右下に行者小屋が見える

イメージ 37
右を見ると行者小屋の奥に赤岳鉱泉
むこうに車山から天狗岳、硫黄岳まで
赤岳の岩稜はまさに赤い

イメージ 35
しかしここの祠
2つあるけど??
いったいどうなってんだ?
(宗教のことはよくわかりません)

イメージ 38
山頂のすぐ横には赤岳頂上山荘
ここで天候が急変して一気に東側から冷たいガスが吹き上げてきたので
ソフトシェルを着込んで下山することに

イメージ 39
平日だからか人影のない頂上山荘の横を通り

イメージ 40
赤岳から横岳までの稜線

イメージ 41
途中の長い鎖場
ここは逆に登ってきたほうが安全かも?

イメージ 42
赤岳展望荘
こんな山の上でも風呂もあるみたい!?

イメージ 43
そこから少し下り地蔵の頭

イメージ 44
ここから地蔵尾根を下って行者小屋まで

イメージ 45
地蔵尾根の下りはじめから見た赤岳山頂と赤岳展望荘方面
すごい形の岩稜と茶褐色の土

イメージ 46
地蔵尾根は崩れやすい岩肌なのか補強の鉄柵

イメージ 47
樹林帯に入るころには急な階段の連続
下りで使ったからそう感じなかったけど
こりゃここの登りもきつそうだ

イメージ 48
軽装だったからか地蔵の頭から35分ほどで行者小屋に到着

イメージ 49
登り始めからおよそ4時間の山歩き

登る前は意外と楽かと思っていたルートだけど
いざ登ってみると結構危険な岩場もあったり
いがいとキツイ登りもあったり
岩稜も楽しめるいい山でした

でもねこの後がちょっと大変で・・・
やっぱり標高2500m以上の稜線を短時間で歩き回るのは
私の身体にとってはキツイようで・・・
軽い高山病の症状でこの後は食事も出来ず
ましてや大好きなビールも飲めず・・・
頭痛と寒気に襲われながら一夜を過ごしました

以前に前穂に登った時や
昨年、木曽駒に行った時と同じ症状

翌日の朝もいい天気で
本当は横岳から硫黄岳まで登る予定だったけど
今回はあきらめたくらい


高山病・・・薬以外でなんとか克服したいです




6月22日
下仁田町のほたる山公園キャンプ場から車で約30分
妙義神社前の道の駅みょうぎに着いたのは午前8時

イメージ 16
予定ではここから白雲山の相馬岳に登る予定でいたけど
あいにくの天気で昼頃には雨予報なので予定を変更して
中之岳神社付近の石門めぐりコースでも楽しもうと場所を移動

イメージ 17
道の駅みょうぎから仲之岳神社までは7kmもあり
意外と時間がかかり登山準備ができたのは8時半過ぎ

イメージ 18
きた道を5分ほど折り返し歩くと石門群登山口
ここからまずは出発

イメージ 19
すぐに現れたのはカニのこてしらべ
なんてことない岩越え

イメージ 20
その先には第一石門
こいつをくぐり抜けて

イメージ 21
すぐにカニの横ばい
雨は降っていなかったけど岩肌が湿っていてちょっと心配?
でも足踏みがちゃんと切れていたので問題なさそう

イメージ 22
それでも滑ったら怪我する高さ
鎖を頼りにトラバース

イメージ 24
今度は第二石門に続くたてばり

イメージ 23
横を見るとなんとも不思議な奇石群

イメージ 25
それにしても”たてばり”って??(笑)

イメージ 26
その第二石門から下りる”つるべさがり”!?

イメージ 27
ここで先行していた年配女性の降下中のためにちょっと待機

イメージ 28
頭上を見上げると不思議な石門の壁

イメージ 29
先行者から先を譲っていただき次の関門は片手下がり

なぜここが片手下がり??
その意味が知りたい(笑)

まだ登山口から15分ほどでいくつものポイントを通過
まるで天然のアスレチック!
天気はいまいちだけどすっごく楽しい!!

イメージ 30
大砲岩に向かう手前には広い休憩広場とその先に第四石門

イメージ 31
石門の向こうに見えるのが大砲岩

イメージ 32
そこまでのアプローチも足場があるので問題なく

イメージ 33
しかし大砲岩直下のこの鎖場はちょっと手ごわいか?

イメージ 34
でもわずか10mくらい
所々足場があるから腕力で鎖をつたって登れば意外と簡単

イメージ 35
そこを登りきったところが大砲岩

イメージ 36
その奥には天狗のひょうてい

イメージ 37
その天狗のひょうていから見た大砲岩とゆるぎ岩

イメージ 38
その横には胎内くぐり?

イメージ 39
ちょっと面白そうなので絶壁の馬の背を渡って行ってみると

イメージ 40
横穴が空いてました
でもここをくぐったら真っ逆さまに落ちちゃうんですけど(笑)

イメージ 41
どこを見渡してもガスガスの雲の中
とりあえず岩山を楽しんだ

イメージ 42
第四石門に戻りそこから見た奇石群


今日は天気が下り坂なのでここで下山する予定だったけど
まだ雨は降ってこないし体力的にもちょっと物足りなかったので
行けるところまで行ってみようと

イメージ 50
この先の金洞山、中之岳まで急遽行ってみることに

イメージ 43
でも重ね重ねの注意勧告の看板
ちょっと不安になりながらも・・・

イメージ 44
こんな岩場を登り

イメージ 45
岩肌から滴り落ちる水滴をかわしながら
ルンゼ状の鎖場を登ると

イメージ 46
金洞山の標識

イメージ 47
その先の滑る岩をロープを頼りに登ると

イメージ 48
山頂直下に到着
これ登るの??

イメージ 1
左側から回り込むとほぼ垂直に垂れ下がる鎖
2段になっているので先が見えない!

それでも所々足場が切れているのでスタンスは取れそう
意を決して鎖頼りに登ってみる
後は足を滑らせないように注意しながら・・・
イメージ 3
途中の少し余裕のある足場にて

脚力よりも鎖をつたって登る腕力も必要なところ
ザイル(命綱)もないから落ちたらやばいな

イメージ 2
その上から下を撮ってみると・・・怖!!
ここはアスレチックの域を超えた領域
(でも写真撮る余裕はあったけど?(笑))
滑ったらアウト!

鎖は20mくらいあるだろうか?
そんな鎖を登り切ると
イメージ 4
小さな祠
ここが金洞山、中之岳山頂
狭い山頂ではガスガスの真っ白け!

おそらく晴れていれば素晴らしい展望が見えたはず
しかし今日は残念ながらまぶしいくらいの真っ白い雲の中

イメージ 5
しばらくすると後を登ってきた登山者

イメージ 49
その先は縦走路も確認できたけど
今回はしばし休憩した後ピストンで下山
今度いずれ挑戦してみたい

イメージ 6
下りのほうがこわいかも!?

イメージ 7
無事に鎖場通過

イメージ 8
その後は仲之岳神社方面へ

途中見晴台があったけど
イメージ 9
今日はなんにも見えません(笑)

イメージ 11
そこからは歩きやすい石畳の登山道

イメージ 10
途中にあった石積み

イメージ 12
そして轟岩を抱える仲之嶽神社に到着
この岩もすごいけど・・・

イメージ 13
この階段もすごい!!

イメージ 14
でもこの大黒様ももっとすごいね!
何でも日本一大きい大黒様だとか!?

イメージ 15
登山開始から約3時間で仲之嶽駐車場に無事帰還
(中腹以上はガスの中の妙義山)

当初は天候不順のために石門めぐりだけ楽しもうと思っていたけど
思いもよらず中之岳まで登頂できて楽しい山歩きとなりました

予想以上に楽しかった妙義山、金洞山(中之岳)
山頂直下の鎖場は両神山以上の迫力と危険度があったけど
私自身はとても楽しめた
翌日は足より腕の筋肉痛になったけど(笑)

しかし山頂からの展望が見えなかったから
次回は天気のいい日に相馬岳にチャレンジしてみよう!!

















6月11日、花の百名山、入笠山に行きました
今回はキャンプ仲間軽登山部の面々とキャンプ&楽しい山歩き
イメージ 1
天体観測ドームのあるマナスル山荘新館

本来ここまでは時間帯によるマイカー規制があり
途中からの登山か富士見パノラマリゾートのゴンドラで登ってくるけど
キャンプ場や山荘の宿泊者は車両通行可

イメージ 2
その前の登山口からスタート

イメージ 3
ここから山頂までは20分ほど

イメージ 4
10分ほど登ると右に岩場コース
左は迂回コース

イメージ 5
ここは右の岩場コースへ

イメージ 6
とはいえ登山装備の人ならなんてことない道

イメージ 7
途中には小梨の花が満開

イメージ 8
まるで桜のようにきれい

イメージ 9
レンゲツツジもきれい

イメージ 10
まもなく山頂
振りかえると八ヶ岳

イメージ 11
そして展望のいい山頂に到着
あっという間!(笑)

イメージ 14
早々に記念撮影!

イメージ 12
北側の手前に入笠牧場からその奥に諏訪湖
雲がなければ北アルプスも見えるはず

イメージ 18
(カゲちゃん撮影 thanks!)
西側には中央アルプス
昨年登った木曽駒ヶ岳も

イメージ 19
雲がなければ富士山も

イメージ 16
見ごたえのあるのは正面の八ヶ岳
次回はあそこだね!

イメージ 13
まさに360℃の大パノラマ

イメージ 15
しばらくこの展望を満喫した後下山
下りは迂回コースを利用
こっちのほうが勾配がゆるいけど滑りやすい土の箇所が多い

イメージ 17
湿原に下りるとスズランの最盛期
こんなかわいい花だけど毒性があるらしい

あっという間の山頂だったけど
大パノラマの展望と綺麗な花々
そして仲間と歩く山登りはやっぱり楽しいね



5月26日に裏筑波、通称キャンプ場コースから登り
女の川ルートを下ってきました

イメージ 1
スタートはキャンプ場の最上段から

イメージ 2
そして今回初使用のCW-X
その感想は最後に

イメージ 3
見晴らしのない樹林帯の中のコース
久しぶりの山歩きだったので10分ほどで汗が噴き出してきて
ちょっときつく感じたのは体がなまっているせいだなー

イメージ 4
それでもスタートから30分ちょうどで誰もいない山頂に到着

イメージ 5
平日の夕方3時過ぎ、天気も下り坂
そりゃ誰もいないよなー

イメージ 6
今回初使用のboreas MuirWoods30
お洒落で機能的、背面のEVAフォームにより背中が暑く蒸れることもなく
すごく快適だった
なかなかいいぞコイツ

イメージ 7
御幸ヶ原まで来てみたけどやっぱり人影はまばら
今回は男体山へは登らず
女体山まで戻り

イメージ 8
このルートガイドにはない女の川ルートで下山予定

イメージ 10
まずは登ってきたキャンプ場コースをそのまま下り

イメージ 9
3分ほどしばらく下ると右手がキャンプ場コースだが
左手に入るルートがある
ここを左に

イメージ 11
わずかな踏み跡をたどり
ここから女の川ルートへ

イメージ 12
しばらく進むと苔むした岩の斜面を下る
この辺りが一番踏み跡もなくわかりずらい場所

イメージ 13
浮き石もあり足場は決していいとはいえないルート

イメージ 14
振りかえるとこんなかんじ
新緑のきれいな沢の中
マイナスイオンたっぷりの美味しい空気

イメージ 15
ようやく水が流れる川の源泉?
ここからはこの女の川沿いを下る
途中沢を左右に何度も渡るルートなので
増水時には要注意です

イメージ 16
すごくネイチャーな沢沿いのコース

イメージ 17
分岐からおよそ30分で林道にでた
ここからキャンプ場までは林道を10分ほど登り返し

前回来た時に歩いてみたいと思っていた沢沿いの女の川ルート
沢の水がない上部のあたりはちょっとわかりずらいルートだけど
沢に沿って歩くルートはちょっと遠回りだけどキャンプ場コースよりは楽しめた


そして今回初使用のCW-Xの感想
履いた時に屈伸するとまるでバネをつけたのかと思うくらいに膝の曲げ伸ばしが楽だったのでこれは登りが楽だなと思っていたけどそうでもなく
逆に下りの着地時に太ももやふくらはぎの揺れが抑えられていい感じだった
翌日も久しぶりの山登りだったにもかかわらず(低山でしたが・笑)足の筋肉痛は皆無でした



以前はピタッとした感覚に違和感を感じて
履くことをためらっていたサポートタイツ

去年の前穂の下山時にズボンの裾が送り出す靴に引っ掛かり
ヒヤッとした経験から
今年の筑波登山の時にロングパンツをやめてタイツを初導入
いざ試してみると足の運びもスムーズだし
下山後の疲労も軽減されて好印象

イメージ 3
(7月の木曽駒ヶ岳にて)
その後はショートパンツと合わせて山登りの時には欠かさず履いていた
確かずいぶん前に機能性というよりファッション性で買った着圧タイプのタイツ

しかし先月に2週おきで2回登った毛無山では
結構な急登で下山時には膝のあたりが疲労からくる違和感を感じ
よりサポート力のあるタイツが欲しくなった

アウトドアメーカーや下着メーカーから色々なタイプが出ていて迷ったけど
大きく分けると
足全体を段階着圧して血流を促進し疲労を軽減させるコンプレッションタイプ(締めつけ弱め、生地薄め)と
筋肉に圧力をかけて、ひざや腰など関節を保護するテーピング原理を応用した筋肉をサポートするタイプ(締めつけ強め、生地厚め)
の2タイプがある
あくまで私の主観でざっくり分類・・

自分の場合、コンプレッションタイプのタイツは試せているので
欲しいのはサポートタイプ
そこで今回購入したのがコレ

イメージ 2
ワコール CW-X EXPERT MODEL

サポートっていうくらいだからサイズはピッタリ合ったものが欲しいが
この商品は下着の分類なのでなかなか試着できる店舗が少ない!?
アウトドアショップに商品はあっても試着品を置いているところは少ないのでは?

イメージ 1
でもそこはさすが下着トップメーカーのワコールさん
西銀座にて試着することができた

そのCW-Xの中でも腰までサポートするハイスペックモデルから
派手なカラーのロングタイツまで色々試着させてもらったが
サイズ表で見ると身長ではLサイズと思っていたけど
実際にLサイズを履いてみるとすんなり履けて
ウエスト周りも少し緩いというか締め付けが弱い感じ
店員さんに勧められてMサイズを履くと
バ○の大足の私は足を通すところからきつかったけど(笑)
確かにふくらはぎ、膝周り、太もも、お尻とガッチリフィット!

GENERATORモデルやSTABILYXモデルは腰までのサポート機能がついた分
おしりからお腹周りも結構な締め付け!?
最近はお腹もへこんで標準サイズの私のウエストだけどそれでもきつく感じた
でも下半身全体をガッチリ包み込む感じで
まさに腰から足首までテーピングを巻いた感じ
特に足を上げるとバネでも付けたのかと思うくらい軽く上がる!
すごいぞ!サポートタイツ!
ということで
腰回りのサポートは必要なく当初より膝のサポートが欲しかった私は
EXPERTモデルのMサイズを購入!

サポートタイツを検討中の方は
是非とも試着してからの購入をおすすめします!

またこれで次回の山登りが楽しみになった
さてこれを履いて最初に登るのはどこかなー!?



↑このページのトップヘ